2017年02月08日

【釣果持込】釣ったなら最後まで。最高のモロコに最高の敬意を!

先日、千葉さまが仕留めたモロコ。神津島のヌシとも思える立派な魚体でした。

そんな魚を釣り上げたなら誠心誠意を持って取り扱わねばなりません。

16406768_1227385920671383_8011194265817485774_n.jpg

これだけの巨魚の記録を残すなら、やはり魚拓ですよね!

古くからの方法ですが写真にはない強烈なインパクトがあります☆

まずは広い場所にて魚体を横たわらせヌメリを落とさねばなりません。

C24C4DF2-82F9-49E5-B292-A11E6393E872.jpg

43kgもあるとサイズも強烈!ウロコを落とさないように丁寧な作業が必要です。

お腹もぷよぷよで意外とヌメリの見落としも…。完成に影響する部分ですから妥協は許されません。

100BDF68-C714-456C-952A-EC1465C61549.jpg

巨魚の魚拓の定番はキャラコですね。魚拓は思い切りも重要!

場所を決めたら一気に乗せた方が失敗も少ないものです。

5BF7B502-C23E-4022-A29B-550503D0B1E0.jpg

いい感じですね☆ 一回目で様子を見つつ魚体に墨を馴染ませ、二回目・三回目が本番と言えます。

きっちり乾燥させたら文字入れですね。

ここのレイアウトで見栄えも変わるので下書きを照らし合わせて慎重に行きましょう☆

0B3490D8-991C-48FD-9670-0F1757D8CE27.jpg

近くだけを見ず、時折離れて全体のバランスを意識しながら仕上げます。

目入れは魚に命を吹き込む部分です。これで出来栄えが決定されます!

納得のゆく形になるまで何度でも練習して挑みましょう♪

16406768_1227385920671383_8011194265817485774_n.jpg

よい出来栄えですね!アナログな方法ですが迫力は抜群!!

見る度にあの日の死闘が蘇ることでしょう!!!


そして釣ったら食べて供養するのが釣り人でしょう!今回は魚屋きいもんにて

通年高級魚として市場に君臨するだけあってその食味は最高です!

640840BD-CBAA-449C-8D8B-A8329744E449.jpg 97B55BF2-2FA4-4EA0-ACBC-65DC09A34FBC.jpg

シンプルで魚の食味がダイレクトに出る「刺身」「塩焼き」

9699703D-D15E-44AE-A065-2203120FDB20.jpg B32B915F-58B1-4F8E-8808-E679D1837AF1.jpg

サクサクと箸が止まらない「からあげ」、皮目としっかりと入った味付けが美味しい「煮付け」

434CA953-AF75-45A1-BDB2-167110174BA6.jpg 4A4B7279-914C-4AA6-BCA5-A49957DC9104.jpg

アラからキッチリ炊き出した出汁でいただく「モロコ鍋」は絶品!

そしてその出汁を余すことなく使う締めは「雑炊」。最高の味わいでした!!


くり抜いた顎は骨格標本に、尾ビレは剥製として共にRSクリエイトにて加工中☆

立体の原寸ものは迫力は違います!こちらも完成が楽しみですね♪

ここまで無駄なく大切に扱い、巨魚を敬う心があればモロコも成仏できることでしょう!

そして神津島にはこれらを超えるサイズのモロコがまだまだ居ると小林船長は言い切ります。

夢の50sが最も近い場所。それは神津島海域なのかもしれませんね。

皆様のチャレンジをお待ちしてます!!


神津島 重郎平丸

/090-3150-8971



見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************



           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。


           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************



(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************


下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



posted by 浅草釣具 at 10:27| 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする