2017年04月29日

【釣行報告】真鶴沖に深海の紅い幻を追う!

 深海最高峰のターゲットといえばベニアコウ(オオサガ)でしょう。

最大10s程に成長し1000mに迫る水深で一本獲れれば十分な魚。

その魚が今シーズンは相模湾で好調を維持しています!

beni.jpg
※画像は隆豊丸HPより

浅草釣具でベニアコウを狙われるお客様のほとんどは南房です。

しかし今シーズンは大御所の乙浜恵津丸の大船長が体調を崩されて

美智丸・渡辺丸・三喜丸と船宿探しに苦労した方も多かったことでしょう。
※恵津丸もベニアコウ出船に復帰です

ですがベニアコウの釣り場は房総だけではありません。

三浦半島や相模湾真鶴、東伊豆や南伊豆にも狙える船宿はあります。

今回は真鶴の隆豊丸へお邪魔しました。

冬から春の嵐も過ぎ去り、やっと凪での釣行になります♪

C93Qw3JUMAA87RA.jpg

[隆豊丸ベニアコウ]
・ムツ針:23〜25号 10本まで
・ハリス:18〜24号 1〜1.5m
・幹糸:30〜40号 2〜3m
・サルカン:クレン親子1/0×1〜3/0×2/0
・オモリ:600〜800号
・タコベイト:5号ケイムラ・オレンジ系
・水中ライト:フラッシュ系の物を推奨
・投入回数:6回


全部で6流し。果たして幻は現れるのか?

釣り場の真鶴沖までは港より30分程と近く、最初の水深は950mからスタートです。


豊丸での投入は右舷舳からブザーの合図と共に投入するスタイル。

艫から投入することの多い南房とは掛け枠の巻きが逆になるので注意が必要です。

投入毎に船を操作しオマツリと糸フケを防ぎつつキッチリ仕掛けが落ちるようにする船長。

1000mに迫る水深では伸率1%のPEラインでも10m近く伸びる計算に…。

細かいことですがこの投入の操船サポートは助かります。

C9zZXPLUMAADdRb.jpg

海底の感触を捉えて糸フケを回収し仕掛けを立て気味に。

たまにオモリが海底に触れる程度に保ってゆきます。

船長の話では底を取って水深プラス50mほど糸が出てるぐらいの流れが最もアタリが多いそうです。

暫くするとカバート215HHが微妙なアタリを捉えました。

この水深からのアタリは様々な要素に減哀され穂先に現れるシグナルはかなり小さめ。

巻き上げの合図と共に待つこと約15分。

C9zix5_VoAAbDWi.jpg

黒い魚体がプッカリと…。そうそう上手くはゆきませんよねf(^^;

仕掛け全長は長いですが10本針ならば掛け枠に巻き直して再投入が可能。

20170428191517149.jpg

回収の際は絡まらないように注意しながら順番にマグネットへ並べましょう。


沖からのウネリが収まってきた2流し目は935m。隆豊丸でのベニアコウ船は定員3名。

胴の間で船長の指示を聞きながらやっているとちょっと強めの単発アタリが到来。

底では重めの抵抗も中層から重ための引きアブラボウズでしょうか?

しかし残り120mでシマガツオの群れに仕掛けが掛かってしまうという不運が…。

激しく上下する穂先。いくらドラグを効かせているとはいえ水中を縦横無尽に走られては

ハリスが耐えられる筈も無く、無念のハリス切れとなってしまいましたorz


3流し目はこちらにアタリ無く巻き上げてくるも前の方のロッドは良い曲り!

C90GA5NVoAAFSvM.jpg

見事にベニアコウ3点掛け!1本釣れれば良い魚が複数GETとなれば最高でしょう。

しかし、この方これだけでは終わりません。次の流しでは更なる魚信を捉えると、

C90WYkDVoAAKezd.jpg

数十分後の水面にはふわりふわりと紅い影が複数個!何とベニアコウ4点掛け!

スタッフ小林もこの流しでヒットは取っていたのですが

残り750mでバラムツっぽい魚に仕掛けごと吹っ飛ばされる悲劇に(×_×)


そしてこの後の2流しでは潮が止まってしまいこれにて打ち止め。

前方の方が3点掛け4点掛けと出して7本。凄まじい釣果です。


こんな状態ではこのまま終われません!

この悔しさをバネに5日のスパンを置いて再び隆豊丸ベニアコウ船へ!

C-NZRvWVoAAS4Tc.jpg

20170429114826646.jpg

エビングスティック+エサ、最近実績のマシュマロボール2連+アブラボウズ用フックなど

色々と試行錯誤してみますが空振りばかり。。。

途中で同行者が本命っぽい魚を掛けるも回収寸前でまさかのシャークアタックの餌食に…。

掛かってくるのは回収途中のシマガツオ。春はどうしても多いですねf(^^;

竿をギュンギュン叩く派手な引きですが落下を止められたり本命魚を振り落とされたりと中々に厄介。

何やかんやの最終流しでは大艫の同行者に大物がヒット☆

鋭い突っ込みからもこれはアブラ3種の何れが上がってくるでしょう!

そして水面に姿を見せたのは180pに迫る巨大なバラムツ。

C-PEIvUV0AE_gkD.jpg

こんな大物を約900m引き上げてくるCZ-15のパワーは半端ではないですね☆

凪良く晴れて気持ちいい陽気でのリベンジでしたが残念ながら本命は浮上せず…。

仮にも「幻」と呼ばれる魚。そうそう簡単には釣れませんね。

でもこれに懲りずまたチャレンジしたいと思います。


あの甘味と旨みが同居する食味は絶品。超高級魚というのも頷けます。

20170428193644441.jpg

20170428191538665.jpg

相模湾のベニアコウの釣期も5月一杯ぐらいまで。そろそろ終盤に差し掛かっています。

少人数でゆったりと超深海に思いを馳せる。

なかなか釣れる魚ではありませんが、価値ある1本をぜひ狙ってみて下さい。


真鶴岩 隆豊丸

/090-7826-6224

隆豊丸.jpg

【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 12:02| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする