2013年08月05日

徹底解剖!浅釣オリジナル キハダ&カツオ仕掛け

今年も始まりました相模湾のコマセキハダ&カツオ!

8月1日のコマセ解禁を心待ちにしていた方も多かった事でしょう。

当店も早くよりオリジナル仕掛けを準備しておりましたが、おかげさまで大好評です。


オリジナル仕掛けは店頭販売のみとなります

昨年より販売しているオリジナル仕掛けも細々とマイナーチェンジを繰り返しています。

現在販売している3種類の仕様は以下の通りです☆

メジ・カツオ仕掛け



ハリ:メジカツオ ケイムラ15号
ハリス:シーガー130 16号3M
ビーズ:目玉ビーズ シルバー6mm
サルカン:ベアリング付きトローリングスナップ4号


カツオを中心にキメジが混ざる状況に適したスタンダード仕様。
「オーナー)メジカツオ」は強靭で軽量に作られ、コマセとの同調性は良好。
そして濃いケイムラ塗装によってオキアミを内部からジワリと光らせることで、
大量に撒かれたコマセの中でカツオやメジに的を絞らせることができます。
目玉ビーズはハリ塗装の相乗効果で初期のオキアミに付いていない群れに効果絶大。
そばでライブベイト船がイワシを撒いても食わせる威力は役に立つはずです!

マグロ・カツオ仕掛け



ハリ:ジャイアンとキハダ16号
ハリス:シーガー130 20号3M
ビーズ:目玉ビーズ シルバー8mm
サルカン:ベアリング付きトローリングスナップ5号


「カツオが中心なのは分かっているけどキハダが掛かるのなら獲りたい!」
と、いう方におすすめがこのタイプ。扱いやすい長さでキメジが多いときにも♪
ハリはネムリ型の進化系、「インターフック)ジャイアンとキハダ」の16号を採用。
このハリなら置き竿でキハダやキメジが食っても飲まれ切れの確率は激減!
ハリスがヨレにくいヒネリ無し・魚に嫌われないシルバー・強度に優れた平打ち丸型。
弱点はどちらも狙えるため釣り人の狙いが定まらないことですかね(笑)

相模湾キハダ仕掛け



ハリ:ジャイアンとキハダ18号
ハリス:ソフトカーボン剛力 24号4.5M
ビーズ:目玉ビーズ シルバー8mm
サルカン:ベアリング付きトローリングスナップ5号


マグロ・カツオ仕掛けを完全なキハダ仕様に変更した仕掛け。
キハダを専門に狙いたいアングラーに使っていただきたい一品です。
ハリスを4.5Mと伸ばしコマセ缶に突っ込まないスレたキハダにも近づけるように。
ハリは18号、ハリスも24号とそれぞれ大型化し50kgに迫るサイズと真っ向勝負!
カツオが中心の時には長ハリスによって操作性が悪いのでご注意下さい。

目玉ビーズの効果

top.jpg


今回紹介する浅釣オリジナル仕掛けの全てに採用されている目玉ビーズ。
何気ない小物ですがその効果は釣り場で周囲との大きな差となって現れます。

1.イワシやイカ類を追っている魚にも強力アピール

2.サイドは夜光となっており100m近い水深でも存在感を発揮

3.大きさの割りに軽量で、潮を掴んで太軸ハリをコマセに同調


本来は開幕当初でシラスに付いたカツオに絶大な威力を発揮するのですが、
シーズン中盤のキハダに試しても効果が認められたので今年は全てにつけております♪


接続部分のこだわり

どんなに良い素材を使ってもそれをしっかり組み上げなければ意味を成しません。
浅釣オリジナル仕掛けはスタッフ小林が釣行で得たノウハウを注いで組み立てています。

PA035156.JPG


・フィンガーノット(内掛け本結び)

太軸ハリに太ハリスしっかり結ぶコツは一巻き毎にしっかり力を込めて巻くこと。
結びに弛みが生じれば、力が均一に掛からず綻びを生み、強度低下を招く結果となります。
浅釣オリジナル仕掛けは全てフィンガーノットにて作成。硬いフロロも確実に結束。
本線が全てハリを巻く糸の内側に入り、表面の凹凸が通常よりも少なくなります。
外側に縦のラインが無ければマグロの歯に拾われにくく、瞬殺の危険性は減少。
南方延縄結び・外掛け結び・内掛け結びなどで瞬殺に悩まされる方はぜひお試しください。


・ハリスのエンド処理

この手の仕掛けの悩みの種はオキアミが付けにくいことでしょう。
未処理の切れ端は厄介なので必ずライターで焼いて抜けを防止すると同時に、
熱した直後の焼玉をハリに押し付けてハリとの段差を最小限に抑えましょう。
こうする事でオキアミをスムーズに装餌できるようになります。

PA035157.JPG PA035159.JPG
フィンガーノット+エンド処理と未処理の通常接続では顕著な差が生じます。

・トリプルニットノット
サルカン側は強度と安定性からトリプルニットノットを採用。
アイにハリスが3回並列に通り、大きな結束面積で負荷を逃がすので
対大物の結びとして大いに活躍します。並列というがポイントで、
アイに複数回巻く結束でも巻きがクロスするものは強度をロスします。
細かい部分ですが違いが出やすい箇所なのです。



チモト補強の必要性は?

P9255142.JPG


マグロ・カツオを狙う浅釣オリジナル仕掛けはチモト補強を一切行っていません。
それは何故か?賛否両論ありますがスタッフ小林の見解を記載させて頂きます。

私はマグロ類が釣れると顎周りを湯掻いて肉を落とし、顎のスタンドを作成します。
そして様々なサイズの顎を用い、浮かんだアイデアについて考察するのです。
その中でもハリ掛かりは非常に重要なテーマ。獲れる獲れないが決まるので
納得が行くまでじっくりと試行錯誤を繰り返す日々を送っています。
そもそもハリはマグロの口の何処に掛かるのでしょう?
上顎・下顎・カンヌキ辺りは掛かっても切られる可能性は低い部分。
逆に舌・エラ・食道などは掛かってしまうとハリスが歯の餌食となります。
ここで考えてみるとハリが口奥に掛かりハリスが歯に触れている場合、
5cm未満の補強で果たして歯から逃れられるのでしょうか?
少なくとも顎のスタンドで見た限り25kg級ならば10cm弱は必要です。
それ以上となれば更に長さが必要となり、釣り人目線でも違和感があります。
それだけ長くした補強加工で果たしてキハダが警戒せず口を使うしょうか?
この考えにより浅釣オリジナル仕掛けは補強加工を施していません。



長くなりましたが、その他の相模湾キハダのノウハウはこちらをご覧下さい↓

TJ-web
『相模湾キハダの攻略について』

皆様が大型キハダを仕留めることを心より願っております!!

オリジナル仕掛けは店頭販売のみとなります

気になった方は、お店でお気軽にお尋ねください。


見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。


浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。

***************************************

           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************

(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場5台分有り

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

posted by 浅草釣具 at 14:35| 浅草釣具オリジナル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする