2017年04月10日

電動リールだって、大切に扱われたい。全面クッションのリールバックとして。

先日、ソルトのほうでご紹介しました

一眼レフカメラバックをリールバックに。

電動リールバックとしても。

シマノ3000クラスも入ります。
高価な電動リール。

一眼レフカメラは、大事に扱われているイメージですが、

電動リールってやつは、荒波に揺られ、潮にまみれながら、酷使される。

一生懸命巻き上げて仕事しているのに、

なんだか割りに合いません。

電動リールだって大切に扱われたい。

大切に収納して、持ち歩いてあげて下さい。

全面クッションの居心地の良いこのバックに。


画面が割れたりしたら、修理代は、1万円から2万円、それ以上かかる場合も。

このバック、今回特別に、千円以下ですから。

是非、お買い求めください。




沖船とソルトは、リンクする。
浅ブロソルトでは、力強く巻く沖船でも使えるジギンググローブをご紹介。こちらもご覧ください。
http://asakusablogsalt.seesaa.net/


見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。

***************************************

浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************

下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ

posted by 浅草釣具 at 19:17| ケース類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする