2017年10月22日

【釣行報告】東京湾大感謝祭、哀川翔カップに参加してきました☆

台風も近づき、ここ一週間は雨が続いてますね。

明日には台風も通過し、久々の晴れ間も戻って来そうです。

感謝祭.jpg

3日間横浜で行われた『東京湾大感謝祭2017』

真ん中の21(土)は親子LTアジ釣り大会『哀川翔カップ』が開催され、

スタッフ小澤が参加してきました!

20171022101234485.jpg 20171022101238866.jpg

赤レンガ倉庫前にて受付。台風の接近で開催も危ぶまれましたが何とか風は納まりました。

この大会はアジの最大サイズを競う形式。誰にでも優勝のチャンスがあります!

20171022101242801.jpg 20171022101250135.jpg

多くの参加者が集いましたが各メーカーから参加したスタッフ達のスムーズな誘導で、

各船に振り分けられてゆきます。スタッフ小澤は一ノ瀬丸に乗船。くじ引きで右舳をGET!

大型新造船で片舷5組10名でもゆったりと釣りができます♪

20171022101256006.jpg 20171022101303638.jpg

哀川翔さんは広島屋に、シマノの飯田さんも鴨下丸に乗船。

各船にインストラクターに乗船しているので船釣り初めての参加者にも安心です♪

20171022101157753.jpg 20171022101331244.jpg

一ノ瀬丸にはイカ先生こと富所さんが乗船。丁寧な指導で小澤jrもアジをGET!

型は小さくても南本牧周辺の脂の乗ったアジは食味も抜群!

20171022101514564.jpg

雨が降る中でも順調に喰い続けて50匹強の数をGETしました♪

しかし今回は大型を競う大会。数は十分でしたが大型は…。残念ながら入賞ならずf(^^;


20171022101725922.jpg> 20171022101433754.jpg

この「哀川翔カップ」も東京湾大感謝祭の1イベント。それ以外にも楽しめるイベントは色々と☆

釣具メーカーによる物販も行われ、会場限定のレアモデルなどの販売もあったようです。

マルキューのブースでは金魚釣りも行われて盛り上がってました♪

20171022101519090.jpg

スタッフ小澤親子も参加しポツポツと金魚をGET。

魚がエサを吸い込む瞬間が見えるので意外と熱くなるものです☆

20171022101343337.jpg 20171022101347266.jpg

釣りが終わってからは哀川翔さんによる講演も。

身近な海をより楽しめるよう、釣りのこと海のことなど様々な話題で盛り上がったようですね。

東京湾大感謝祭はその名の通り東京湾を身近に感じ楽しむイベント。

今回のような船釣りでの親子釣り大会はインストラクターつきで

初めて船釣りに挑戦するには最適のイベントと感じられました。

また来年も行われるようでしたら、皆様もぜひ参加されてみてはいかがでしょう?


【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 13:45| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

【釣行報告】デブ鰹が舞う!大型キハダも終盤戦へ

20171011085400332.jpg

今回は宮川の二宮丸よりキハダ&カツオの仕立船。コマセを中心に跳ねればルアーでも!

前日は州ノ崎方面だったようですが何処にナブラが出るでしょうか?期待を込めて出船です。

DLucIzZVwAAx0vQ.jpg

三崎港を横断し最初は小型のカツオ着いている城ヶ島西パヤオから。

コマセの開始時刻となる7時直前には各地から来た船で船団を形成☆

DLulJ7oV4AA-CH7.jpg

制限の無いイワシフカセとルアーはポツポツとカツオを掛けてゆきます。

開始時刻と共に一斉に投入すると数名のロッドが絞り込まれてカツオがヒット!

小型のカツオが抜き上げられてゆきます。しかし今朝のパヤオの喰いはポツポツ。

DLuvXI2UEAEQ2J6.jpg

30分程で見切りをつけてキハダ探しに沖へ出すと州ノ崎沖で大規模鳥山の追撃戦に☆

すぐさまルアータックルに持ち替えてキャストチャンスを伺います。

鳥の移動が速く中々固まらない状況が続きますが、船側で大型ナブラ発生!

船横20mにAkiya140Sを振り込むとパラパラ出ていたラインが高速で引き出されます!

20m程出て速度が一瞬低下したところでフッキング。するとそこから加速開始!

20171012154021814.jpg

150m程ダッシュして一旦ストップ。初期ドラグは約7kg中々のパワーです。

しかし、ここからポンピングをしてもスプールが逆転し相手が浮かない…。

仕方なく9kg程までドラグを締めて勝負に。ライン残量的には実質11kg程。

ジワジワと距離は詰められますが、ほぼ真下に入ったラインに時折くるダッシュ。

首をクンクン振りはするものの中々旋回状態に入らず、残り90mからは本当に動かない…。

次第に体力も削られ最後は水面付近でラインブレイクに…。

動かないエリアでラインの一定箇所に負荷を掛け過ぎました。反省ですねorz


次第に鳥山も散開したので側にあるコマセ船団へ。

しばらくアタリは無かったものの、艫でキハダを狙う北野さまのラインが一気に引き出されます!

50m程持っていったところでロッドを持つとラインは一気に横方向へ。

そして穂先にブルブルと独特の震動。マグロロッドを曲げ込む突っ込みはデブ鰹♪

DLvZXxIVoAA5lwz.jpg

5kg程の良型で丸々として美味そうですね


スタッフ小澤にもデブ鰹♪ダイワのシーボーグ800Jには余裕の相手です。

DLvo59cVoAAgcWk.jpg
SEABORG_800J_image_3.jpg

夏に登場したばかりのメガツイン機能を除いた廉価版ながら十分なパワーを誇ります。


指示タナは50m。この棚ですとキハダもヒットするので油断なりません。

やや緩めのドラグで走りながらの感触でキハダかカツオかを見分ける必要があります。

20171012153904785.jpg

縦横無尽に走るカツオは巻けるときに巻くのも鉄則!スタッフ小林もデブ鰹GET。

食べ堪えがありそうです♪そんな感じでポツポツとデブ鰹を取りこみながら沖揚がりの時刻へ。


港へ進路を向けようとすると帰り道に大きな鳥山ナブラに遭遇!

DLwLewQVwAAQAUw.jpg

鳥が飛び交う中、イワシが海面へ追い上げられ、キハダ・カツオがビュンビュンと襲い掛かる!

スタッフ小澤は沈下系にて、北野さまはスギペン110で引っ張り、宮川船長はブッペを叩く!

すると北野さまのルアーをキハダが引っ手繰っていきました!!

20171012154037390.jpg



疾走るキハダに対し、巻き取る北野さま。ある程度弱ったかと思ってもグングン走る!!

セカンドラン・サードランといなすも、ここから本気を出して一気に200m近い疾走!

何とか抑え込みに行くもここでラインブレイクに…。

DLwO0WqVoAAO2z8.jpg

普段30s前後のマグロ類を余裕で仕留める人ですが、今回はマグロが強かったですね…。


朝のパヤオは小型でしたが、中盤以降の州ノ崎沖は4〜6kg弱のデブ鰹が主体。

序盤と最終でイワシ団子でキハダのヒットはありましたが今回は相手がデカかったですf(^^;

20171012153935405.jpg 20171012153947219.jpg

釣果が落ちてきた相模湾キハダですが、今回見た限りではコマセからイワシに着いたように感じ。

まだまだチャンスはありそう♪ ルアーは沈下か引っ張る系統を中心に用意したいですね。

いよいよ終盤ですので悔いの無いよう、最後までしっかり通い込みましょう!


宮川 二宮丸

/090-8813-6049

hutamiya.jpg


【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 16:24| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

【釣行報告】超大型も回遊中!伊豆南沖のクロマグロを追う/後編

前編からの続きです

20170918084250212.jpg

さて福岡さまのクロはサバの背掛けでにて。風も依然吹いており反応もやや深め。

この条件ならばと生け簀を探って数本確保していたオアカムロを口掛けに。

20170918084949684.jpg

口掛けのメリットはラインの出し入れが自在なことです。

フリーで出して150mほど泳がせたら、50m巻き戻して再びフリーで泳がせる。

オアカムロはある程度の深度を好むので、巻き戻して放てば元気良く潜ってゆきます。

20170918085244916.jpg

これがマグロには絶好のアピール。目の前を必死に潜るエサがあれば追ってしまうのでしょう。

もちろん巻いている時にアタリが出ることもあるのでドラグは緩めが鉄則です。


今回も150mから巻き戻して10mほど出ていったところでアタリ到来!

バックラッシュを抑える程度にサミングし、走りが遅くなったところでフッキングに!

ネムリの入ったハリでガツンと合わせるのは御法度。ハリ先が立ってなければ抜けるだけです。

ロッドを大きく絞り込むように力を掛けてガッチリ掛けにゆきましょう。

20170918092304426.jpg

強烈なスピードで引くかと思いきや、掛かったロッドから抜けてゆくテンション。

これもクロマグロの特徴的なところ。負荷の無い方向へ突っ走ってくるので、

バレたと思って何もしないとトップスピードで船下へ突っ込まれて終わります。

急いで巻き取ればまた他の方向へ。そんなやり取りをしばらく続けて距離を詰めると、

今度は一定深度から動かなくなる根比べ状態に。ここは焦らず数10センチづつでも回収に。

20170918085503711.jpg

そうすれば徐々にラインがゆっくり大きく動きだし旋回状態に入ってきます。

この状態に持ち込めればあと少し。残り20m辺りからギラリと水中に銀色の魚体。

旋回に合わせて自分から離れるときは耐え、近づくときに巻き上げる。

そうすれば螺旋を描いて水面が近づいてきます。しかし油断は禁物!

ライン伸度が減る水面下は最もバレるエリア。不意の抵抗がダイレクトにハリスへ掛かります。

船体を嫌って急に向きを変えると、ぽろっとハリ外れや歯に触れてブレイクも。

ある程度のラインが出てれば伸びで誤魔化せることも水面ではそうはゆかないのです。


じわじわと寄ってくる魚体。完全に見えるところまで来ると薄皮1枚とバレる寸前…。

清人船長の銛が魚体を捕らえて一安心。ギャフを2本掛けて無事取り込まれました。

20170918090449418.jpg

上がってきたのは45kg。久々のファイトは楽しいですね♪

血抜き腸抜きと処理したら気になるのは何を食べていたのか。胃を開いてみると…

20170918090347562.jpg

ほとんど消化と半消化のキンメが1枚づつに、今朝食べたサバが1本入ってました。

他の個体もキンメの報告。夜間は浅場に登るキンメを襲っているのでしょうか?

忠兵衛丸の船宿記録となる290kgもキンメ餌と聞くので特餌なのかもしれませんね。

tyubei.png

その後、もう一度マグロが当たるもこれはエサ抜かれにて。そして沖上がりを迎えました。

中々活性の高い日で船中3打数2安打。45kgと30kgが浮上♪他にキメジ2本。

アタリが出たのはオアカムロの口掛けと、サバの背掛けにて。

「反応がやや深い」との案内に上手く対応できアタリを拾うことができました。


今回も使用タックルは初代浅草200&二代浅草172Sakinoriにて。

DSC_2879.JPG

初代浅草200はマグロを受け止める強靭な胴はもちろん、

穂先から穂持ちの柔らかさでサバやオアカムロの遊泳状況が判断しやすくアタリも弾きません。

二代浅草172Sakinoriはマグロ釣りではエサのサバ釣りをメインにこなしますが、

腕があれば30s級のマグロ類までは勝負できる粘りも持っています。

この2本を両方持ち込めば伊豆南沖のマグロ釣りに完全対応ですね♪


海域では21号船も30kg級!他の同サイズを森竜丸もGET。

夢の100kg級にはほど遠いですが、やはりマグロは楽しいですね♪

20170918090434203.jpg

伊豆南沖の海域は例年11月までがハイシーズン。今年は特にサイズが良いです。

メインはクロマグロですが回遊状況によってはキハダやカジキ類も!

そしてヒラマサやカンパチ、モロコといった遠征釣りの大物たちも待ち受ける☆

大物ターゲットが揃う海域に夢を追ってみてはいかがでしょう?


20170918090511129.jpg


手石 忠兵衛丸

/0558-62-1273

tyuubeemaru.png

【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 17:54| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

【釣行報告】超大型も回遊中!伊豆南沖のクロマグロを追う/前編

20170917093604270.jpg

先週の超大型の浮上の速報で沸いている伊豆南沖。1週間の内に3桁級が2本も!

そうなれば休暇理由を"マグロ"と書いてでも海に出なければならない!

荒天の火曜よりスライドし忠兵衛丸23号船より出撃です☆

20170917093824715.jpg

当日は23号船と21号船の2隻出し。こちらは3名と超ゆったり!

サバ釣り苦戦との事で通常より早い2:30に出船。先ずは利島沖を目指します☆

明け方前の4時に到着するとウネリと風で意外と揺れる…。

潮もカッ飛んで一流しが短く、サバが掛かっても後が続かない(^^;

明け方以降にある程度の数は釣れましたがマグロ場の到着に1時間遅れ(×_×)

既に数隻が流してますが本名はまだでカマスザワラが暴れている模様。

20170917093926413.jpg

潮と風を確認しマグロ釣りスタート。すると早々に「反応が出てるよ♪」と清人船長。

連日よりやや深めの50m前後に出ている反応。風も吹いているので潜行力が必要ですね。


泳がせの仕掛けを投入して安定したらお土産狙いを開始☆

20170917094004930.jpg

サバ釣りタックルはサビキから電動エビングにチェンジ。すると直ぐにヒラソーダ♪

DJo0-H3VAAASByC.jpg

生命力の乏しいソーダガツオは現場で採取しなければ使えない!早速泳いで貰いましょう♪

流し替えで瀕死のソーダを投入し、電動エビングで誘っていると中層でキメジがヒット♪

二代浅草172を曲げて楽しませてくれたのは6s級。

20170917094042279.jpg

しかし、このファイト中にソーダを付けた初代浅草200にもアタリが到来…。

キメジを取り込みながら見ていると引き出されるラインが明らかに遅い(--;)

20170917094139174.jpg

そして合わせるとズッシリとした重量感にゆっくりとしたメリハリのない引き。

首も振りませんしこれは確実にサメですね。ある程度ドラグを掛けて帰って頂きました。


気を取り直して流し直し。すると今度は福岡さまのタリカ25Uが唸りをあげる!

この引き出し速度は間違いなくマグロのアタリ!フッキング成功!さぁ勝負です☆

20170917094250371.jpg

大きくロッドを曲げ込んで寄せると時折クンクンと首を振る動き。これは確実☆

20170917095629649.jpg

DJo-aZ1VoAEu40W.jpg

大きく旋回する魚体。うっすらと姿も見えてきた!



終始安定したファイトで福岡さま30kg級をGET!

20170917095548719.jpg

久々のクロマグロは良いですね!更なるサイズアップとゆきましょう!!


ここで21号船がエサ不足に陥ったとの無線。多少は余裕があるのでサバ餌を譲渡。

DJpHT2QVoAAo0Ad.jpg

数が少ないときは使い捨てでなく最低でも2回は流さないと無くなります(^^;

1回目が口掛けで弱っても、2回目を背掛けにすれば潜行深度を稼ぐことは可能です。

大切に使ってエサ切れしないように注意しましょう!


遅刻の船も軒並み揃って当日はプレジャー含めて10隻ほど。

北西風に乗せて根を跨ぐように流しています。

ちなみにお土産釣りの目安として浅場に寄っていく南風はテンヤ。

深場に出てゆく北風ではジギング系としてます。

今回はキハダ系の回遊情報があったのでエビングにて♪シャクってズドンとキメジ追加☆

20170917095512046.jpg

サバ釣りの電動タックルがあればジギングやエビングはこれを活用できます♪

ただ攻め時の見極めが重要なので探見丸は用意しておきたいですね。


大型マグロは確実に回遊している…。果たしてアタリを捉えることはできすのか?

実釣時間は折り返しを迎え、後半戦に入ってゆきます。

/後編へ続く
※近日更新予定です

手石 忠兵衛丸

/0558-62-1273

tyuubeemaru.png

【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 12:14| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

【釣行報告】ハイシーズン目前!?活性上昇中の夜ムツ

大半の釣りものは朝イチの出船ですが、なかなか起きるのが辛い方もいるでしょう。

そんな方にオススメなのが夜ムツ船☆ 16時集合で眠気は皆無♪日焼けとも無縁です。

20170915092612069.jpg

お邪魔したのは勝山の萬栄丸。夜ムツといったらこの船宿ですね!

20170915092740871.jpg

舵を握る見留船長の熟練操船、そして的確な読みでムツのポイントに入ってゆきます。

この日は翌日の荒天前で徐々に天候・海況とも下り坂に。

それでも釣行前の数日は潮も速く釣りにくい日も多かったですが、この日は潮も緩んでアタリも活発!

20170915092753707.jpg

暗くなる前から当たりが出ており、その時は底からオモリを5m以上浮かせて誘うと好反応!

常連の猪狩さまも好調に数を伸ばしてゆきます♪

20170915092806475.jpg

日が落ちてくると徐々にムツは底付近に落ちてきました。

そしてサバやスミヤキも登場してきます。

20170915092814236.jpg

この釣りの釣果を伸ばす秘訣は手返し!魚を取りこんでエサを付けての再投入はもちろんですが、

ハリス切れやオモリ切れ、そして高切れなどからの仕掛け修復の速さが求めらます。

20170915092827671.jpg

この日、スタッフ小澤の消耗したオモリは5ヶ、ハリスは20本近く使用。

そして高切れは2回。スミヤキは高い層まで集まっているのか、

船内では底から15mほど上での高切れも多数あった模様です。

20170915093051905.jpg

今回はサメのアタックは少なく被害は僅か。最高速巻きで横取りを最小限に回収です♪

喰われ始めるとサメの活性も際限なく上がってゆくで、とにかく被害を抑えなければなりません。

20170915093106500.jpg

スタッフ小澤は『ビーストマスター3000XS』を使用。

40059_lineup1.jpg

その圧倒的スピードとパワーに太鼓判!夜ムツ最高峰のリールと自信を持って言い切れるとのこと!

ぜひ店舗へお越しの際は電源を繋いでみてください!ギガマックスモーターは凄いですよ!!


荒れ気味の天候とスミヤキの邪魔を受けながらも上がってくるムツたちは良型多数。

6〜24匹でまずまず。スタッフ小澤は16匹でした♪

徐々にムツの活性も上がっており水曜日以降は好釣果が続いており、最盛期を迎えつつあります。

萬栄丸の夜ムツはこれから年末までのロングラン!

朝の早起きとは無縁で食べて美味しいムツが狙える!そして意外とテクニカル♪

パワーある電動リールに4号前後のPEラインを300m以上巻けば楽しめます!

まだこの釣りを体験していないのなら是非ともチャレンジしてみて下さい☆


勝山 萬栄丸

/090-3210-6258

CpZgS4nVYAAoJr2.jpg

【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 17:08| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

【釣行報告】荒喰いの続く相模湾コマセキハダを追う【2日目】

2日目となる蒼信丸のコマセキハダ船。昨日の釣果をみて最初からキハダ狙い。

当日は昨日にも増して精鋭揃い!それでは1発大物狙いで頑張っていきましょう☆

20170909122620931.jpg

ポイントは前日と同じく城ヶ島西沖パヤオの北側に。

途中でカツオも跳ねており今日も期待できそうな感じです♪

21270836_1930324573849968_810432451687390445_n.jpg

徐々に形成されつつある船団に近付くと直ぐに反応を捉えて実釣スタート。

DI6M8IAVwAAbzJ1.jpg

「カツオは20m、マグロは40mでやってみて」とのアナウンス。

カツオ狙いの人は直ぐにカツオを掛けて、船上ではカツオが床を叩く音が響き渡っています。

ここでカツオを狙う人のロッドが強烈に絞り込まれる!今日もファーストヒットは鈴木さんです☆

DI6ZF-yUQAIg1lB.jpg

しかしカツオ狙いのハリス12号(^^; これは浮かせられるか!?

しばらくファイトするも流石に無理があるか。ハリスが切れてロストに…。

それでも早々に掛かってきたキハダに期待は十分です!


DI6lxolUIAEnN-C.jpg

カツオ狙いの人は4s近いカツオがバタバタとヒット!深場で良型ですね♪

その横で今度は仕立て船の幹事を務める北野さまのロッドが絞り込まれる!!

DI6l_Q4UMAAQmrF.jpg

イイ感じの曲りでしたが遅いし首を振らない??こちらはメジロザメでした(>_<")


この間も瞬殺が続きますが手の合う人はヒットを重ねます!

増田さんには2回目のキハダがヒット!先程はやられてしまったが今度はどうだ!?

DI651KqUwAA_yY0.jpg

エチゼン(仮称)も投下完了!ビーストマスター6000のカウンターは残り180m。

元気に引き出していったキハダ。頑張って仕留めましょうo(^o^)o

20170909122812966.jpg

ギガマックスモーターを唸らせ、増田さんは25kg級をGET!

大谷さまがすかさず跨りキハダライダーに!抑え込んで素早く神経締めから放血へ。

20170909123925221.jpg

せっかく苦労して釣ったのなら美味しく持ち帰りたいですね♪


さぁ、船団に戻って更なる釣果を!マグロの棚でも良いカツオ♪

DI7B_kzUMAAb10J.jpg

初挑戦の工藤さまも初代浅草200を曲げ込んで良型カツオを浮上☆

信じて曲げ込めばグイグイ浮かせる!初代浅草200は初心者にもおススメです!


そして鈴木さんは再びヒット!

20170909122947264.jpg

余裕のファイトで25s級をGET!もはや量産体制ですねf(^^;


しかし、この男も黙っていない!100LBオーバーのキハダを仕留めた経験を持つ大谷さまにヒット!

DI7JAsRUQAArqlY.jpg

ガオバイパーがしなり、ティアグラ20が唸り、キハダが逃げる!!!! orz

少しファイトして逃げてしまいましたf(^^;


ベテランでもこんな事があるのがキハダ釣り。それでもアタリどんどん続く!

今度は昨日2回切られた平賀さんにヒット! 悔しさを闘志に変えて全力ファイト!

20170909123342701.jpg

ちょっと大トロやられましたが平賀さん念願の一本を浮上です!

20170909123129563.jpg

ここまで上がったキハダは全て浅釣オリジナル仕掛け♪ 頑張って作った甲斐があります☆

20170807162732467-thumbnail2.jpg

さぁ、この活性で誰が掛かるかわからない状況…。当然狙ってコマセを撒きます!

船長の反応のアナウンスが入れば高確率でヒットする状況。コマセを集中的に撒いてアピール。

するとモゾモゾとした魚信到来☆ ロッドを絞るように合わせるとズシッと感触♪

しかし簡単にはいきません。勝負!意気込むと同時に抜ける重量感…。

キハダが走る前に瞬殺とは(×_×) ハリスが歯に当たっていたのでしょう…。


そんな落胆を尻目に速攻のサイレントファイトを敢行した平賀さん。

皆が気付いたときには水面を泳ぐキハダ!?見事20kg弱追加!


そして流し直しで鈴木さんのロッドが再びキハダを捉える!

ビーストマスター6000を駆使した安定したファイト。当日最大の33kgが浮上!

21272091_1413449398772476_748741571094456822_n.jpg

少し間が空いてもキハダは船回りをウロウロ。もはや反応が入れば喰ってきます!

そして当然と言わんばかりに掛けてくる大谷さん。今度は仕留めてよ〜!!

しかし、このキハダは元気そのもの!走って走って走りまくる!!!

20170909123441852.jpg

一時300m以上もラインを引き出し、ベテランの大谷さんを追い込んでくる!

しかし、この程度では揺るがない。数々の大物と渡り合った経験で冷静に距離を詰める。

船上に笑顔をもたらすエンターテイナーですが技術は本物です。

しかし今回はヤツが1枚上手か。大谷さんのキハダをガブリと(>_<")

20170909123824006.jpg

無惨な姿で海面に上がってきましたorz

DI7u3BZUMAAqasH.jpg

時刻は13:15を回りいよいよ最終流しへ。後1本、何とか上げられるか!?

ここで鈴木さんが最終ヒットを取る!折角ということで工藤さん➡北野さんのリレーでファイト代行☆

DI70RJ-V4AA8npo.jpg

大物釣り初挑戦の工藤さん。ここまでイメトレを重ねてファイトの準備をしてきました。

20170909123614062.jpg

そして後半は北野さん。ここ1年でクロマグロ・アブラボウズと仕留めた手腕発揮となるか!?



最終ヒットのキハダも無事に揚がりました♪ 合計約5本のキハダが取り込まれ意気揚々と沖揚がりです。


40m前後で1日ポツポツとアタリが出ており、そこに良型カツオも混ざる感じ。

キハダの魚影も多く、これならしばらく楽しめそうですね♪

21317508_973412809465238_2159479278451218478_n.jpg 21270831_973412872798565_5595650566493426307_n.jpg

21317825_973412912798561_615459744888679887_n.jpg

蒼信丸ではこの後も固め打ちが続いており、船中10本以上上がった日も!

ただいま相模湾キハダ&カツオは最盛期!今行かずして、いつ行くのか!?

高釣果の波を逃さず、お早目に釣行してください!!!


腰越 蒼信丸

/0467-91-0323

sousinmaru.jpg

【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 15:26| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

【釣行報告】最盛期を迎える相模湾のコマセキハダ【初日】

関東の東を通過した台風の後、気温も下がって雨の日も続きます。

いよいよ秋の到来が目前まで来ているようです。

それでも相模湾の熱い夏は終わらない!台風後よりキハダが猛烈に活性を上げています!

20170907092215016.jpg

今回は腰越の蒼信丸よりコマセキハダ。仕立て船にて狙います。

前日は非常に活発だったようですが今日はどうなるか?

20170907092308526.jpg

雨も強く北風でフワフワするなか、ナブラを目指して相模湾を南下。

すると城ヶ島西パヤオの北側で船団に遭遇。側には高知の大型カツオ漁船の姿も。

20170907092323152.jpg

反応も捉え早速釣り開始!カツオ20m、キハダ40mにて指示が飛びます。

カツオ狙いの人はここでカツオをポツポツと拾いますが、2流し目からキハダのダブルヒット!

20170907092357831.jpg

右舷胴の間で狙う平賀さんは残念ながら瞬殺(×_×) しかし隣の小松さんはファイトに!

割りとスイスイ上がって来たのですが、このキハダはハリスを尾で巻く危険な状態…。

sippo.jpg

何とか取り込もうとするもキハダの懸命な抵抗で水面ブレイクに(>_<")


この時、側で流している一俊丸・ちがさき丸・成銀丸も回転灯!キハダのヒットを知らせます。

これはチャンスとキハダを狙う右舳の鈴木さんのロッドが海面に突き刺さる!

20170907092512746.jpg

多くのマグロ類を仕留めたファイトは非常に安定しており安心して見てられます。

しかし水面でヤツが待ち受ける…。ヨシキリの襲撃で鈴木さんの魚は大トロ消失(>_<")

20170907092541006.jpg

細身で藍色の背中、大きな胸ビレでが特徴。細かい鰓歯でオキアミ餌も喰う厄介者。

そして海面には溢れたオキアミを狙ってペンペンシイラも彷徨いています…。


だからといって諦めることはありません!先程のリベンジと小松さんが再び掛ける!

20170907092622087.jpg

初代浅草200を大きく曲げ込んで一時250mまで出されての攻防が続く!

キハダとのファイトは長距離走のようなもの。筋力で勝負していては体力が耐ちません。

左腕・身体・ロッドで三角形を作るイメージで。ロッドに体重を掛けて凌ぎましょう。

20170907092738276.jpg

ここでサメ対策のマグロリング、エチゼン(仮称)を投下。黄色いテープでサメを避ける!?

曲がり的にドラグ8kg前後。タリカ20Uがグイグイ巻き取ります。良型ですよ♪



20170907092825859.jpg

約20分に渡る攻防を競り勝ち見事浮上!小松さんナイスファイトでした(^-^)V

20170907092848106.jpg

この1本に活気づく船内!次は自分だと気合いを入れて投入。すると鈴木さんまたもヒット!

コマセを振ってからは置き竿にて。ハリス20号に閂キハダ15号の組み合わせ。

ここまで船中8ヒット。既にエチゼン(仮称)は投下済み!これも上がってくるか?



安定したファイトで今度は無傷の2本目のキハダをGETです☆

21231098_1412484532202296_5760976309116665603_n.jpg

雨が降ったり止んだりで北風も吹いて寒いぐらいの天候ですが船内の気合いはMAX!

船長の「反応が入ってくるよ〜」のアナウンスが入れば誰かしらのロッドが突き刺さる!

お次は朝一で瞬殺くらった初心者にヒット!今度はガッチリ掛かってますよ(^-^)/

DI2L1soV4AANCah.jpg

船釣り初めてで今まで釣った魚はハゼ☆そういう人にも容赦なく掛かってくる!

コレがマグロの恐ろしくも楽しいところ。さぁ頑張って頂きましょうo(^o^)o

DI2OJI7VoAAGvIG.jpg

初めてで15分を超えるファイトに根を上げないのならこの先は有望ですね☆

しかし無念のラインブレイクに…。今回はキハダに軍配が揚がったようです(^^;

この後、左舷艫でもう一本追加され沖揚がりの時刻に。

続けていればまだまだ喰いそうな感じですが規定なので今回はここまで。

中々活性の高い日で9打数4.8安打。皆様のやり取りを楽しく応援してました(^^;

21272304_972905656182620_5395675409963691663_n.jpg 21271198_1412483205535762_8917991641828932813_n.jpg

城ヶ島西沖でキハダは30〜40mを中心にカツオは15〜20mほど。

ちゃんと手返ししてコマセを撒けば素直に船下へ入ってきました。

キハダは20〜30kg級、カツオは表層に1kg級も深ダナに4kg級まで!

台風一過からの活性はまだまだ止まらない!いつまで喰い続けるのか!?

相模湾のコマセキハダはいま最盛期を迎えています!!


腰越 蒼信丸

/0467-91-0323

sousinmaru.jpg

【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 17:27| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

【釣行報告】活イワシはやはり強い!ライブベイトで狙う相模湾キハダ

今月解禁したコマセキハダ!皆さんドンドン乗船され連日大いに賑わっています!!

しかしキハダ釣りはコマセだけではありません。キャスティングやエビングでも♪

そして、いま相模湾で最も確率が高い釣りがライブベイト(イワシフカセ)です!

P8102608.jpg

食物連鎖に沿った釣り

今回お邪魔したのは茅ヶ崎一俊丸。ライブベイトは活きイワシを使う特殊な釣りで、

乗合船で楽しめるのは一俊丸と長三朗丸の二つだけ。他は長井方面の仕立船が対応してます。

キハダ・カツオ回遊中の繁忙期。平日にも関わらず船宿前は活気に溢れています!

DGz-I6JUAAANjdW.jpg

大盛況のライブベイト船は満員御礼!さぁ今日はキハダに出会えるでしょうか?


荷物を纏めて即乗船を!

この釣りは乗船もやや特殊。船は活きイワシを買い付けに出ているので港に船はいません。

一俊丸のライブベイト船の平均出船時刻は06:30。買い付け状況により前後します。

20170812184542512.jpg

6時頃には港でいつでも乗れるように準備を固めておけば万全。

活きイワシを満載した船は港内の水で弱るのを防ぐべく5分程度で離岸します。

20170812184619426.jpg

群れを探していざ出船!目指すナブラは何処で湧くでしょうか!?


フカセは右舷、一本釣りは左舷前に

キハダが中心のときは右舷から左舷中央から艫寄りがフカセの席。

撒水機の付いた左舷舳よりは一本釣りの座となります。

20170812184644822.jpg

足元のバケツにはイワシを入れすぎず。多くても10匹ぐらいにしておくと長持ち。

魚掬い用の金魚網やイワシ運搬用の手桶などを用意すると便利ですね。

出港より約1時間。真鶴沖で群れを発見☆ 側には邦丸、庄三郎丸と追跡中。

鳥を纏ったナブラはやや移動が速いながらもボコボコと。キメジやカツオが跳ねています!

DG10u-HUwAA33uX.jpg

上乗りさんがイワシを撒くと魚も船回りで跳ね始めました。どうやら餌を獲った模様♪

「いいよぉぉっ!」威勢良い一俊船長の開始合図が出されると一斉に投入が始まります!


イワシに夢を乗せた投入のポイント

DG11HDDUAAIktzL.jpg

鼻掛けにしたマイワシを投げて船から離して着水。水面にパッと鱗が散って泳ぎだします。

やる気があればこれ1発で喰いますが、着水バイトは無し。そのまま泳がせてゆきます。

泳ぎが緩慢となって止まったり、船下に向かってきたら回収して再投入となります。

また流す際はベールフリーで無負荷で流します。

サミングで負荷を掛けるとラインが張ってイワシが浮き、キハダのレンジに届きません。

ライブベイトはイワシがフリーで泳ぐ釣り。しかしイワシの遊泳力はそれほど強くありません。

水面に波打って漂うPEラインの負荷を受けて泳ぐので、流れがあると泳ぎも不自然に。

一定以上の負荷になると泳ぎが緩慢となり見破られます。常に負荷を減らす意識が重要。

なので磯釣りの様に漂うラインを水面から剥がして置き直すラインメンディングが有効。

負荷が減れば遊泳距離も伸び、その分アタリが出るチャンスも増すのです。


跳ねるキハダとの追跡戦!

複数名のラインが引き出され、船内のやる気は高まってゆきますが掛かったのはシイラf(^^;

良く見ると表層をペンペンサイズが群れとなって泳いでいます。

キハダはイワシに反応こそするものの移動スピードはそれなりに速く、

エサを獲ったと思っても直ぐ反応が抜けていってしまいます…。

暫くすると葉山の長三朗丸も合流して散水を開始。

DG07NF-UwAADIMX.jpg

2隻でイワシを撒いて足止めし、周囲をルアー船がキャストして狙いますが中々船に近づきません。

イワシを撒いてナブラ追跡。鳥もコマセ船も増えて徐々に動きにくくなってきました。


時合到来!?チャンスは一瞬

エサを獲るには獲っても距離を詰められない状況が続きますが、

何度かに1回ぐらいで射程圏内まで入ることも増えてきました。

このタイミングでレンタルの方にヒット!約10分ほどファイトするも無念のすっぽ抜け(>_<")

そして暫しの間を置いて他のレンタルの方にもヒット!

しかしこれは飲まれたのか切られてしまいました(×_×)

DG1zpX8UAAAoffC.jpg

一俊丸ライブベイトのレンタルロッドは「ゼロ式スクエア63/8」の特注モデル。

リールはアルファタックルの「アゾレス」。ラインは「パワーハンター5号」が入っています。

強度は十分ですが数が少ないので借りる時はお早めに♪


ラインが走る!ロッドがしなる!強気のファイトがポイント

ヒットが続くと俄然やる気になってきます。キハダの跳ねも依然船に近いまま。

投入のタイミングと跳ねのタイミングがばっちり合うと着水直後にラインが引き出されてゆきます!

ラインの放出が遅くなってきたら合わせのタイミング。

ジャイアンとキハダ14号なので合わせる時はベールを戻して竿を大きく絞り込む感じに。

ネムリ針系はガツン!と合わせるとすっぽ抜けるので要注意です。


アワセが決まるとファーストランは40m。ドラグテンション7sほどで浮かせに掛かります。

ハリス16号にPEライン4号の組み合わせは意外に強いもの。

しっかり掛かっていればロッドで切るのは相当の力を要するほどです。

キハダは弱ると首を振り、穂先にはクンクンとした動きが出ます。これが出ている時はガンガン巻きます。

勝負するならしっかり力を掛けて。中途半端なテンションでは反転する隙を与えバラシの原因にも。

弱気で恐る恐る巻くと時間ばかり掛かり、長引けば長引くほどラインにダメージが蓄積されるのです。

攻めるのか?守るのか?強気のファイトが結果的に獲れる確率を高めてくれます。

約5分程で水面まで浮上するも黒い背中を見せるキハダはまだまだ元気!

ネットマンが慣れていれば一気に掬えますが、そうでなければキハダが横を向くまで少し待ちましょう。

20663790_1085480101582547_9170306243914135191_n.jpg

今回は約10分でネットイン。久々にいただきました♪これで自主的にストップフィッシング♪

エサも少ないので後は残りの乗船者に託します(^-^)/


最後まで跳ねは続くも…

1本上がったことで船内のやる気も最高潮に!どんどん続けとイワシを投入。

昼を回り後半のチャンス!イワシにキハダはまだまだ反応してます☆

DG16j0RUAAAIV-T.jpg

すると昨年一緒になった人にヒット!良い走りからキハダは確定!!

目標の20kgオーバーなるか!?しかしこの魚は残念ながら飲まれ切れに(>_<")

そしてこのままタイムアップとなってしまいました。


1日通して真鶴沖にて。魚はボコボコ跳ねてますが最近と比べるとやる気が薄め。

船中は4打数1安打。中盤でヒットし幸運にも1本獲らせて頂きました☆

餌はほぼマイワシ。完全にキハダ狙いで通した感じです。

DG0yoeoVYAEt6LC.jpg

ライブベイトでのフカセ釣りはスピニングタックルを駆使して魚と渡り合い、

タックルの強度を最大限に活かして疾走するキハダを制します。

仕掛けも道糸の先はハリスにハリと非常にシンプル。強烈な一つテンヤのようなイメージです。

マグロキャスティングや外房のヒラマサジギングのタックルが使えるので、

ルアータックルを持っていれば直ぐにでも挑むことが可能です。

もしコマセキハダ系のロッドしかない場合でも、それに中型スピニングリールを付ければOK!


今年はキハダが多い年!そしてカツオも十分にいます。

相模湾の最盛期!ぜひ大型青物を狙って繰り出してみてはいかがでしょう!



茅ヶ崎 一俊丸

/0467-88-3173

一俊丸はネット予約が便利です↓
https://kazutoshimaru.net/customers/

kazutosi8.jpg

【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 18:51| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

【釣行報告】遂に開幕!コマセで狙う相模湾のカツオ・キハダ

祝!相模湾コマセ開幕!!

梅雨頃からナブラの情報も多く、この日を待ちに待った人も多いことでしょう。

今回はキハダとカツオを狙いたい人で意見が別れたので両方狙えるキハダ&カツオ船。

何処の海域にも対応すべく、三浦半島先端にある松輪の大松丸にお邪魔しました☆

DGHdDcvVYAE-q9r.jpg

活気付く港を出て船は西へ進路を取ります。まずは相模ブイでスタートです♪

序盤は職漁や乗り合いのイワシフカセが圧倒的f(^^; 初日だけにコマセはスルーか!?

DGGA5SFUAAAMCsV.jpg

しかし暫くすると横の太郎丸でカツオが1本、長三朗丸の艫はキハダっぽい感じ。

指示タナは15〜20m。探見丸にも反応が出ています。

カツオは横からコマセに突っ込むのでシャクリは鋭く短く。塊を横に並べるイメージで。

オキアミの沈降速度は10秒で60cm。ならば50秒で3m沈む計算です。

3mのハリスならば約1分で再度シャクリ。手返しは3分以内を目安とします。

komase.jpg

するとコマセを振って約30秒で初代浅草が魚信を捉えます!

横に走るカツオをガンガン巻いて小型ですが船中1本目をGET♪

DGGJYHnVYAE2aYb.jpg

銀色の砲弾、コマセでの今季1本目です。そして素早く神経締めから血抜きのコンボ。

これで足の速いカツオの腐敗を遅らせ長く楽しむことができるのです☆

DGGJbe1UwAAgVXo.jpg

お次は大艫で竿を出す岩瀬さまの竿が海面に突き刺さる!

キメジかと思われた突っ込みでしたが横にも走る!

DGGPoALVoAAkHAx.jpg

上がってきたのは丸々と太いカツオ♪ 4sぐらいはありそうですね☆

そして続いてはコマセカツオに初挑戦の坂本さまにヒット!

DGGSaD2UIAA9VAM.jpg

縦横無尽に走りまくるカツオに翻弄されながらもGETです(^-^)v


ベテランも続く!北野さまにもナイスサイズのカツオ!

DGGUneaVwAA-PRl.jpg

その間に岩瀬さまは2本目も☆ タナは15〜30mにて。


解禁直後のイワシに反応してた魚には「目玉ビーズ」が良く効きます!

DGGXgdjV0AAmiPc.jpg

上位釣果の方々はもちろん装着。平たく言えば浅釣オリジナル仕掛けです♪

オキアミに関心が薄い個体も目玉ビーズが付くと魚やイカに見えるのか好反応ですね♪


バタバタと喰う時間も過ぎ段々と船団がバラけてきました。

キハダ狙って30m以深を釣っている人には4kg弱の良型カツオがポツンポツンとヒット☆

上で数釣るか下で型狙いか? そして他船ではキハダっぽいやり取りもちらほら見えますが??


しかしキハダがいるということは奴もいる…。

DGG4FVPVYAAxP1u.jpg

ここで来てしまったシャークアタック!初挑戦の小沼さまの魚は真っ二つに(×_×)

開幕日から悠々と泳ぐヨシキリザメ。背中が青く、長い胸鰭が特徴のサメです。

ただ大型で茶色い背中のメジロザメはまだ見えなかったので被害はこの一匹のみで済みましたが…。


しばらくして右舷中ほどの日刊スポーツのライターにキハダ級がヒット!!

DGG-k51VwAAvW4R.jpg

大型電動リールからグイグイ糸を引き出してゆくパワー!そして時折見せる首振り。

これは本命だろうと誰しもが確信をもつ引きでしたが無念のバラシ(×_×)

同じタイミングで深ダナで狙う北野さまもアタリを捉えましたが残念ながらハリス切れ…。

艫の岩瀬様は7s級のキメジが浮上するもハリス手繰りでまさかのブレイク…。


痛いバラシが続き船内に不穏な空気が流れますが黙々と釣っている人には関係なし!

初挑戦の坂本さまはコマセの振り方に開眼したのかアタリ数もダントツで釣果もツ抜け達成ですf(^^;

gs2908a-c.gif

しばらくすると僚船より良い情報が入ったのか南へむけて高速移動!

すると朝見なかった馴染みの船たちが船団を形成して魚群を追い掛けています☆

DGHL5ubVwAAV83a.jpg

群れの進行方向に向けて先回りを繰り返す船たち。これが本来のカツオ釣りのスタイル!

心地よい海風と緊張感ある追撃戦で、一撃離脱を繰り返して釣果を稼いでゆきます。


大松丸も参戦すると魚群反応は水深40〜50m。この深さならばスリムステン缶の高速落下も活きます!

そしてコマセを振ったコマセが付けエサを通過するかしないかのところで一瞬喰い上げるキハダのアタリ。

タイミングをみてアワセを叩き込むもロッドは負荷を捉えず空を切りました…。

残念!キハダのアタリだったのに(>_<") ここで朝からやった船はキハダを獲ったところが多かった模様。

こちらの船は良型カツオを数本追加してタイムアップとなりました。

gs2908a-b.gif

解禁初日からコマセについたカツオとキハダ。

カツオの群れも濃く、この分なら秋までロングランで楽しめそうな感じです!

当日、大松丸ではキハダは出ませんでしたが他船では4本獲ったところも!!

序盤の方がスレてない個体も多く、喰いも良い☆

早めに釣行して今シーズンのカツオ・キハダ戦線に参加してください!!



松輪 大松丸

/046−886−1244

daimatumaru.jpg


【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 14:11| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

【釣行報告】銀色の砲弾が降ってくる!イワシ餌で狙う相模湾カツオ

あと2週間を切った相模湾のコマセ解禁。キハダ&カツオファンは心待ちにしている事でしょう!

ルアーでは既に釣れ盛るも「ルアーはちょっと…」と躊躇する方も多いです。

しかしコマセとルアーだけがキハダ&カツオの釣り方ではありません。

食物連鎖に沿った最も効率的な釣りがイワシフカセ&1本釣りです!

DE-iyZGUMAEzMiT.jpg

今回、お邪魔したのは宮川港の二宮丸。仕立て船をメインとし青物から深場まで幅広く対応してくれます♪

当初はルアーキハダでしたが前週のキハダの釣果が芳しくなく、逆にカツオは大爆釣!

となれば活イワシを積める二宮丸なら、必然的にイワシフカセでのカツオ&キハダ狙いでしょう!


活イワシを積んでの釣りの時は護岸に船はまず居ません。

これはイワシを買い付けに行っている為で、戻ってくる時刻は混み具合によるので流動的。

その間に荷物を早急に積めるよう全ての準備を済ませて待機します。

DE9fq33VoAAxiRI.jpg

船が戻れば一気に積んで速やかに出港。港内の淀んだ水ではイワシが弱るばかりです。

バケツ5杯分のイワシを積んで目指すはここ数日好調の相模ブイ1番。

タックルは2本をフカセに1本をルアーキハダの3本編成でいきます。

20170720155422562.jpg

港から約30分で到着すると既にルアーやプレジャーが狙ってますが至って穏やか。

宮川船長がソナーと海面を睨みながらブイ周辺を回るも反応はいまいち…。

軽くイワシを撒いても反応が無いことから奥の4番へ移動を開始します。

約20分で到着すると既に職漁船が数隻おり朝日で銀色に輝くカツオが空を跳んでます!

早速反応を見ると周囲には水もちが複数にソナーにもガッチリ映っています。

仲乗りさんがイワシを撒けば船長の「獲った!!」の声。撒水が始まり釣りがスタートです。

炸裂する海面!撒かれるイワシにカツオが着いて船周辺はカツオナブラに♪

舳先では同行者がブッペを振り、カツオの雨が降ってくる!

フカセもちょんと振り込めばガバッと海面を割ってカツオがバイト!

ベールを起こしたスピニングリールから高速でラインが引き出されればアタリの合図!!

直ぐに合わせずに速度が緩むか3〜5秒ほど待ってからベールを戻し、

ロッドを起こしてリールを巻くことでハリを掛けます。


相手がカツオならとにかく巻く!掛かればロッドが小刻みに震えるので判別は容易!

キハダ系はラインが下に向かって突っ込んでゆく!

ある程度引きが収まってからの重量感でサイズを予想します。決して慌てず挑みましょう。

掛かって水面を跳ねたら残念ながらシイラです。手早く寄せて外したいところ…。

しかし120p近くあると「万力」の名に恥じぬ強烈なパワーf(^^;

取り込んでからも相当暴れるので怪我の無いように…。


アタリが無い時はいつの間にか外されたか、イワシが一目散に船下へ逃げ込んだ時など。

時折りベールを戻して軽く巻き、状態を把握することも重要ですよ。


取り込みは相手がカツオなら基本的に抜き上げになります。

巻いて寄せる速度のままに一気に抜くのがポイント。

この時、ロッドは立てるようにせず角度は水平のまま腕を上にあげるように抜きましょう。

これでルアーロッドで併用する場合の破損を防ぎやすくなります。


抜き上げたカツオを素早く処理して次のエサを付けて再投入。

カツオのエラに手をいれて持ち、針を外しつつエラを脊椎から外すとスピーディー♪

投入すればすぐに次のアタリがきます!フカセも入れ食いですがブッペ振りは更に快調!

抜きあげたどんどんカツオが降ってくる!これも仕立て船ならではの楽しみですね♪

DE-LHQAU0AAx9Qy.jpg

気付けば足の踏み場もないほどに埋め尽くされるカツオたち。

キメジもポツポツと混じえて一つのナブラでラッシュが止まらない。

DE-JU9BVYAAX7P2.jpg

血抜きしてビニールに入れて冷やせば溶けて塩分濃度が薄れた氷水でのふやけも防げ、

擦れによる色剥げも抑えられるので贈答にも最適♪ 浅釣の深場用多目的ビニールはジャストフィット

美味しい魚ですから丁寧に持ち帰りたいですね♪


熱い入れ食いタイムは約1時間に及び、カツオは大漁!!

活イワシも撒き切って7時40分で早揚がりとなりました♪

DE-iyZGUMAEzMiT.jpg

今年はカツオの当たり年!相模湾内に大量にいます!!

二宮丸は仕立てで楽しむなら持ってこい♪ 小人数仕立ては他に長井方面の船宿が対応してます。

乗合船では茅ヶ崎の一俊丸や葉山の長三朗丸も出船中!

連日好調でどこの船も釣れてます☆ チャンスはいま!

コマセ船が始まる前に相模湾へ繰り出してみてはいかがでしょう!?


宮川 二宮丸

/090-8813-6049

hutamiya.jpg


【お知らせ】

先日より浅草釣具からの電話発信は

[080-3572-7855]を使用してます。

予約品・修理品などの入荷連絡はこの番号からの連絡となりますので御了承下さい。

尚、発信専用にしているので店舗への連絡は従来通り

[03-3874-7855]にてお願い致します。


HProgo.jpg

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************




浅草釣具の店員は、知っている。

店員の独りよがりでなく、

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************




下のボタンをポチッと。1日1回。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


posted by 浅草釣具 at 15:40| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする