2016年10月01日

【釣行報告】速度で勝負!ムツを狙うサメを振り切れ!

大半の釣りものは朝イチの出船ですが、なかなか起きるのが辛い方もいるでしょう。

そんな方にオススメなのが夜ムツ船☆ 16時集合で眠気は皆無♪日焼けとも無縁です。

20160812130330592.jpg

この夜ムツも出船するのは勝山の萬栄丸。先日掲載したコマセキハダからの連続乗船。

午前船はもちろん1日船でも大抵は間に合います。(連続乗船際は朝の受付で申告)

20161001085010409.jpg

夜ムツからはスタッフ小澤も合流☆ 左舷舳と右舷艫に分かれて乗船です。

20161001085315510.jpg

スタッフ小林は「フォースマスター3000」

強力なMUTEKI+モーター採用でスピード・パワー共に旧ビーストマスターに匹敵。

レスポンスの良いブラシモーターなので操作性に優れています☆

20161001085409828.jpg

スタッフ小澤は「ビーストマスター3000XS」

先日発売されたばかりの最新機種。GIGA-MAXモーターを更に出力アップ!

旧ビーストマスターに対しパワー・スピード共に5%づつ上昇☆

苦手の低速巻き上げも改良され使いやすく進化しました。


20161001090242461.jpg

勝山より1時間弱。日も沈む夕方より実釣開始となります。

ポイントは沖ノ山の水深100m前後。日が沈みきっていないうちはアタリも遠いか?

それでも穂先にはクンクンと引っ張る不思議なアタリ。魚では無いですね…。

20161001090719078.jpg

ゆっくり上げると正体はスルメイカ。日が傾いて浅場にエサを探しに来たのでしょう。

次第に日も沈み夜の時間へ。すると堰を切ったようにアタリが出始めます☆

20161001091426149.jpg

掛かってくるムツも良型中心にまずまずのサイズ☆

ダブルで掛かってくるとズッシリとした手応えですね♪

E58699E79C9F202016-09-2820720252005.jpg

船灯りが深場にも僅かに届いているのでしょう。

20161001091700631.jpg

アマエビっぽい10p程のエビを吐く個体や、

20161001091713633.jpg

深海のメインベイト、ハダカイワシを吐くムツも。

深場の魚は僅かな光を捉えるほど高感度の目を持ち、夜でも不自由なくエサを探し出せるのです。


さて夜ムツのポイントは色々ありますが、何より重要なのは…。

掛かったら最高速で巻く!



口の強いムツは最高速巻きでもほとんど落ちません。

これを怖がって中速以下で巻いてしまうと船下についたサメの餌食に…。

20161001091556682.jpg

ドラグも滑らないようキッチリ締めておきましょう!

残り30mを切ったら手巻きアシストも上乗せして速度低下を最小限に!

それとオモリ・仕掛け・替え針も多めに用意してくださいね!

20161001091648517.jpg

当日は落せば当たってくる高活性!ベタ底から3mぐらいまででアタリが多かったです。

しかしサメが本当に多い…。海面には常時複数匹が視界に入る状況。

前半は職漁船もいたのでサメも分散してましたが中盤より職漁船が離れるとサメが集中…。

これにより船内ハリス切れが多発!50mから上が鬼門で電動+手巻きで加速!!

それでも釣果以上に途中で喰われてしまった方も。。。

船長の話では「魚探に20匹以上のサメが映っている…」とのこと。

この時期はパワーとスピードを兼ね備えたハイパワー電動リールやリチウムバッテリーが欲しいですね。


中盤よりサメに苦しめられましたが全体釣果は10〜32匹。

全員ツ抜けまで持って行けてほっとしました☆


今回、スタッフ小澤は『ビーストマスター3000XS』を使用。

40059_lineup1.jpg

その圧倒的スピードとパワーに太鼓判!夜ムツ最高峰のリールと自信を持って言い切れるとのこと!

ぜひ店舗へお越しの際は電源を繋いでみてください!ギガマックスモーターは凄いですよ!!


萬栄丸の夜ムツはこれから年末までのロングラン!

朝の早起きとは無縁で食べて美味しいムツが狙える!そして意外とテクニカル♪

パワーある電動リールに4号前後のPEラインを300m以上巻けば楽しめます!

まだこの釣りを体験していないのなら是非ともチャレンジしてみて下さい☆


勝山 萬栄丸

/090-3210-6258

CpZgS4nVYAAoJr2.jpg




みんな行ってる釣っている 最近の釣果

大好評で品切れ品、再入荷!

沖船とソルトは、リンクする。
浅ブロソルトでは、をご紹介。こちらもご覧ください。
http://asakusablogsalt.seesaa.net/

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



posted by 浅草釣具 at 15:28| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

【釣行報告】熱い夏はまだ終わらない!カツオ・キハダの好機到来!!

徐々に水温も下がってきた相模湾。そろそろ秋の釣り物に移行かと思いきや、

海の中は夏真っ盛り!カツオ・キハダといった青物たちが心を躍らせます☆

20160928085241789.jpg

お邪魔したのは勝山の萬栄丸。千葉で唯一のコマセカツオ・キハダを出す船宿で

夜ムツやイカ、カワハギなど季節に応じてマルチにこなします。

20160928091143062.jpg

当日も満船。それでも定員14名なのでゆったりと楽しむことができますね♪


釣り場は相模湾と思いきや州ノ崎沖〜沖ノ瀬とのこと。

港から一時間以内で到着できる海域でカツオやキハダがエサを追っているのです!


到着するとイワシを持ち上げるナブラが複数!鳥が飛び交い魚が跳ねます!

船尾より15m後方で発生したナブラに船を宛がうとイワシが船影に逃げ込んで来ました♪



これを好機とイワシを掬い即席のライブベイトに☆ 船は魚群に囲まれています!

20160928091222873.jpg

イワシをつけてビシは水面に見える位置。これでカツオがロッドを絞り込みます!

スタッフ小林も狙ってゆきますがいきなりオマツリに…。すぐに外れるかと思いきや

カツオではなくキハダを掛けた方と絡んだ模様。これは何としても獲って欲しいですね!

20160928091715214.jpg
※画像は萬栄丸HPより

15分程のファイトで無事に31kgのキハダが浮上!幸先良いスタートです☆


この獲り込みと同時にカツオとキハダも船から離れたので次のナブラへ。

朝のうちは鳥山をつけたナブラが多く、直ぐに魚も見つかります♪

イワシを襲うナブラはオキアミへの反応が悪く、掬った活イワシなら喰います。

しかしオキアミより遥かに大きいイワシは食い込むのにやや時間が掛かり、

フカセ釣りなら送り込めるところですがビシが抵抗となってエサ抜かれが多発…。

当たってもなかなか船内に魚が揚がってきません。



やがて日差しが強くなるとナブラも沈みオキアミがコマセが有利のいつもの状況に。

20160929085920114.jpg
※最近取り扱いを始めた真空パックオキアミ♪

松輪〜長井の船も合流し、通過の際に見ているとカツオを取り込んでいます。

カツオならばオキアミ1匹を丁寧に真っ直ぐにつけてコマセワークは「鋭く、短く」

komase.jpg

すると素直なカツオが一気にロッドを引き絞ります♪

20160929090911278.jpg

カツオのサイズはバラけており2〜4kgまで。鋭い突っ込みは気持ちいいですね♪

船長からも「カツオを獲りたいならハリス3m以内でコマセの同調を速く」と指示。

20160929091121539.jpg

当たっているときは最速手返し!コマセを再装填し急いで投入!時合いは数分です!

20160929090927694.jpg

「タタタタタタタタッ」船上に響き渡るカツオが床を叩く音♪気持ちいいですね!

キハダほどのパワーはありませんが魚類上位の遊泳速度が釣り人を興奮させます☆


コマセに付いたカツオも徐々にアタリが遠くなり始めました。

そろそろ本格的にコマセキハダを狙うタイミングですね☆

すると左舳で狙っていた方の竿が海面に突き刺さります!!

CtUzckHVMAA3oN6.jpg



image-afa67-thumbnail2.jpg
※画像は萬栄丸HPより

見事に20sオーバーが浮上!サメにも襲われずきれいな状態で上がりました♪

その後も反応は船下に入ってきますが再び活性を取り戻したカツオが針が掛かり。

スタッフ小林もカツオのアタリは10回!でも上がったのは5回…。

専門に狙えばバレ難いのですがキハダを狙う以上は仕方ありませんね。

最後に左舳3番の方にも掛かったのですがハリス16号を引きちぎって逃げられてしまいました…。


それでもアタリが多く楽しい1日でした。カツオは1〜8本!キハダは4打数2安打!!

相模湾奥ではコマセキハダのXデーに!アタリを15回も出した船もあったとか!!

まだまだ海は熱い夏が続いているようです!これからは本メジやヒラソーダも合流。

水温が下がってくると活性は下がってきますが脂は乗って食味UP!

水温が20℃切るまでは楽しめそうですね♪ 今回のポイントは勝山から50分。

あのやる気あるナブラを見れば皆さまのテンションも最高潮間違いなし!

ぜひこのタイミングを逃さず回遊魚と全力勝負を挑みましょう!!

20160929160553606.jpg

この時期の本鰹は最高に美味い♪アフターフィッシングも最高です☆


勝山 萬栄丸


/090-3210-6258

CpZgS4nVYAAoJr2.jpg

みんな行ってる釣っている 最近の釣果

大好評で品切れ品、再入荷!

沖船とソルトは、リンクする。
浅ブロソルトでは、をご紹介。こちらもご覧ください。
http://asakusablogsalt.seesaa.net/

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



posted by 浅草釣具 at 16:10| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

【釣行報告】電動シャクリでキハダを狙う!相模湾のエビングが熱い!!

お盆を過ぎて暑さも和らいできましたね♪海水浴渋滞も減って復路もだいぶ楽になってきました。

今年の相模湾ではカツオの群れが多く、そこにキメジ・キハダが混ざっている状況。

最近は大型のキハダ級が揚がることも増えてきました♪

20160826085657798.jpg

さてキハダ・カツオ船に乗船されたエサ釣りの皆様は舳先で竿を振るルアーマン達が

キハダ級と格闘する場面を良く見ることでしょう。こちらには喰ってこないのに…。

この正体はエビングと呼ばれる釣法。メタルジグ+天秤+仕掛け+「ワーム」

これを魚の活性やタナを意識してリズミカルにシャクって喰わせているのです。

若いルアーマンたちが大型スピニングリールで狙っているのを見ると

興味はあるのに「縁は無いな…」と諦めてませんか? 今回はこれを電動リールで狙います。

20160826092211088.jpg

前置きが長くなりましたがお邪魔したのは茅ヶ崎の一俊丸。

ここでは今月の24(水)より相模湾初のエビング乗合船を出船開始!

専門の流しで狙うので舳先で狭い思いをしていたルアーマンから注目されています。

当日はエビングを釣りの世界に広められた村越プロも乗船♪

20160826092230534.jpg
※画像は一俊丸HPより

滅多にない機会ですからしっかり技術を習得したいですね♪

20160826203136715.jpg 20160826203152362.jpg

船は先月就航したばかりの7号船。ピカピカの大型船で広々と釣りができます♪

この7号船は探見丸を搭載!コマセ無しでタナを探るエビングには嬉しい装備ですね。

20160826203619575.jpg

電動エビングで狙うタックルはほとんどコマセ釣りのもの。

竿:初代浅草200
リール:ビーストマスター3000XS
PE:ヴェラガス船X8 6号370m
天秤:チドリ305KH
オモリ:スカリー60号浅釣オリカラ
ハリス:シーガーFXR船18号3m
ハリ:閂キハダ17号
ワーム:特船オキアミ75mm蛍ムラ
小物:目玉ビーズ レッド8mm


コマセに比べるとビシがオモリに変わり、ハリスがやや短くなり、ハリが大型化。

指定のジグウエイトは200g(約53号)以上。なのでオモリは60号をセレクト。

いままで狙っていた方ならある程度揃っているのではないでしょうか?

ルアー組に合わせてPEは細くしリールも小型化。軽快に操ることを可能とします♪

20160826205334228.jpg

前日は前半クルージングも当日は南下して40分で船団に遭遇♪早速実釣開始です☆

エビングの基本動作は「ロッドをシャクっててリールを巻く」と至ってシンプル。

シャクリ幅・速度・間に緩急をつけて当たりパターンを探りだす釣りです。


最初の船団では一俊丸にアタリは来ず。周囲の船もポツリポツリとカツオが取り込まれる程度。

見切りをつけて南下開始。お次は城ヶ島が見えるエリアの船団へ合流。

旋回しながら船団へ入る際にもカツオやキメジが続々と取り込まれています♪

活性は良さそうな感じ☆ 自然と期待も膨らみます♪

そして開始して直ぐに左舷舳よりでシャクっているルアーマンにヒット!

20160827083733461.jpg

鋭い突っ込みに軽快なドラグ音が響く♪ロッドを起こしてグイグイ寄せる!

ギラリと輝きながら旋回して揚がってきたときは7kg程のキメジ。

20160827085117570.jpg

エビングは2回目とのこと。おめでとうございます♪

船内に魚が取り込まれると一気にやる気も出て来ますね!


「次は誰だ!?」と皆様気合い十分☆ やや速めのピッチで狙っています。

そこでスタッフ小林は電動直結のスルメイカのシャクリに変更。

水深50mから上を60号オモリで電動シャクリ。まるでムギイカですね♪

そして25m程のところで明確なアタリ!鋭くロッドが絞り込まれます☆

やや緩めのドラグを引き出してファーストランは50mほど。

重量はそれほどでもないので元気の良いキメジでしょう☆

20160827090036079.jpg

「ビーストマスター3000XS」はスピードモデルとはいえ余裕の相手♪

電動ポンピングで寄せれば疲れ知らず。グイグイ寄せることが可能です☆

20160826085657798.jpg

揚がってきたのは10kg強のキメジ♪最後はヨシキリに追われたので危なかったです(^^;

CqqYLUCUEAA5kuU.jpg

特船オキアミ75mm蛍ムラはエビングにも十分通用するポテンシャルですね♪

むしろコマセ船団の中で使うなら黒目は意外と効くのかも☆

CqqYPzGUMAALQEr.jpg

オキアミの装餌という制約がないエビングは大きめのハリが使える♪

タタキ仕様で軽量な閂キハダ17号も良いところにガッチリ掛かっています!


2本揚がったところで更に船内のテンションは上がりますが魚はそれを嘲笑うかのように避ける…。

一俊船長が先回り先回りと船を進めますが船下をジグザグに動いているようで捉え切れません。

Cqqq9lpUIAAbYBS.jpg

しばらく追跡してましたが厳しいので最初の船団へ合流。

こちらが離れている間にキハダサイズを獲った船も!そしてヒットのペースは上がってゆきます!


しかし今回は何故か運に見放されていたようで…。

連続ダブルヒットという激熱展開も連続でダブルブレイクという結果に…。

エサ釣りの船はカツオがポツポツ。ワーム小さくして小刻みなアクションに変えれば狙えるでしょう。

しかしエビングの華はキハダ!!ヒレの伸びた大型を求めてシャクるのです!

すると先ほどキメジを釣った方に大型がヒットしましたが飲まれ切れ(>_<)

ブレイク多いですがアタリは増えてきてます!直後に後ろで当たるもこれは掛からず…

村越プロからも「ジギングの意識で!」とアドバイスが出てます!

CqrFkRjUkAAQ1bg.jpg

というわけでフラッシング重視の六宝SPゴールド80号にチェンジ!

メリハリの効いたアクションを心がけて誘っていると微妙なアタリ…。

CqrFlF4UAAEBQ_y.jpg

特船オキアミの片目だけ飛ばして逃げてゆきました・・・。


焦りのムードが漂う船内。ここで右舷大艫の人に超大型がヒット!!

CqrH-63UsAAguwx.jpg

各船より進路を譲って頂きご協力を得ましたが残念ながらラインブレイク。。。

相当大きかっただけに正体は見たかったですね。

P8250121.jpg
※画像は一俊丸HPより

最後にカツオが取り込まれてこの日はタイムアップ。残念な限りです…。


ほぼスピニングタックルで行われている相模湾のエビング。

「電動リールでエビングは成立するか?」というテーマでの実釣でしたが、

確実に通用するものと確信しました。エサ釣り師の皆様、挑戦のチャンスです!

タックルもお手持ちの物がほとんど使える!指を咥えて舳を見ている時代は終わりです。

むしろ真下の獲物を引き上げるのは両軸リールの得意分野。

エサ釣りにおいて真下を狙う釣り物でスピニングリールを使うものは少数です。

エビングの始祖となる沖縄の漁師は皆、電動リールで釣っています。

さぁ、躊躇う要素は何もありません!相模湾のエビングへ、大型キハダを仕留めてきて下さい!!


今回、乗船された村越プロのエビングテクニックは

9月21日発売「ルアーマガジンソルト11月号」にて掲載!

ラインを1mmも出さないパワーファイトで相模湾キハダに挑む!!

注目の内容となりそうです☆ エビングはもちろんパワーファイトに興味がある方は必読ですよ!



茅ヶ崎 一俊丸

/0467-88-3173

kazu.jpg



沖船とソルトは、リンクする。
浅ブロソルトでは、をご紹介。こちらもご覧ください。
http://asakusablogsalt.seesaa.net/

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



posted by 浅草釣具 at 15:40| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

【釣行報告】XSでもパワー十分!新型ビーストマスターで挑むカツオ&キメジ

先週より連続で黒潮に沿って通過した台風たち。

少し離れていたので風雨の時間も短かったですね。

低気圧が近づくタイミングは青物の好機!時化前の荒喰いを期待し出撃です☆

20160817085850785.jpg

お邪魔したのは片瀬の萬司郎丸。江ノ島なら各漁場の真ん中。西でも南でも対応が楽です♪

お盆最終日ですが台風で休船した船宿も多く、残った船には多くの釣り人が押し寄せます。

20160817085916331.jpg

さて今回の目的は先日発売となったシマノの新型電動リール、

『ビーストマスター3000XS』

このリールのパワーを見させていただきましょう♪

スピードモデルの【XS】 、パワーモデルの【XP】とされていますが

【XS】でも前作ビーストマスター3000よりスピードもパワーも5%アップ!!

つまり汎用性に長けながらパワーも十分通用するモデルということです☆


多くの釣り人にトラブル無くゆったりと釣って貰うべく2隻の出しの萬司郎丸。

オマツリが多発するこの釣りでは嬉しい限り♪ まずは東側の漁場を目指します。

20160817090933143.jpg

船団は2つ。手前では海面にイワシが追いたてられ海鳥が刺すナブラに発展!

そばではイワシフカセで狙う長三朗丸で数名のロッドが絞り込まれキメジの姿も♪

早速船をつけて狙ってみますがイワシに狂ったナブラはオキアミをスルー。

目玉ビーズをつけた仕掛けに一発当たるもヒットには至らず。

数回つけ直しても状況に変化は見られないので西へと転進です。


20160818091908649.jpg

約40分にて小田原沖へ。そこには玉網入れに奔走する活気ある船団の姿が!

通過しながら確認するにカツオが中心。となればコマセの塊を意識して短く鋭くです☆

投入指示からのタナのアナウンスは15〜20m。やや沈み気味の反応か?

20160818092309177.jpg 20160818092329476.jpg

コマセワークがハマればズドン!と海中に引き込まれる穂先☆

今年のカツオは脂ノリノリで非常に美味しい♪ 逃さずGETしたいですね!


舳先で狙うエビングにもヒット!50mから探ってくるエビング。

最近はキハダ級も多く、大型を仕留めるならこれが一番かもしれません!!

20160818092717904.jpg

30m近くドラグを滑らしてなかなか元気の良い引き!

「キハダ級か!?」とも思われましたが上がってきたのは7s程のキメジです。

20160818092732650.jpg

小さいといってもキハダマグロの幼魚。瞬間的な引きはかなりのパワーを誇ります!

20160818092746338.jpg

直ぐに捌いてみると胃の中からは消化された魚の骨。

サイズ的には30p近いサバでしょうか?80pの魚体で30pを襲う獰猛さも兼ね備えます。


さて、前回も書きましたがカツオはコマセに横方向から密度の濃いところに突っ込んでくる魚。

なのでシャクリは短く鋭く振って、コマセを塊で出すイメージで。

これを当日はイワシによる0〜20mでの遊泳層の上下動が激しかったので

指示棚よりビシを1.5m下げてから3m巻き上げて、50cm刻みで3回振っていきます。

komase.jpg

指示ダナ15mですとビシ位置の推移は16.5m→13.5m→13m→12.5m→12m。

ハリスは3mなので13.5m〜15mまでゆっくり沈降しながらコマセが被ってゆきます。

オキアミの沈降は10秒で約60cmなので12mで振ったコマセは30秒で15mに到達です。

アタリ無く30秒経ったら再び16.5mへ落とし込んでシャクリの繰り返し。

初代浅草200のシャクリでFLステン缶にコマセを撒き切るまでの回数は9回。

なので3回繰り返して2分弱でコマセの再装填。大抵はここまでに掛かるか抜けるかです。

なお指示棚は魚群かビシ位置か確認しておかないと3m棚ボケするので要注意。

これは船宿や船長によって差があるので事前に確認しておきましょう。

20160818093615607.jpg 20160818093645993.jpg

Cp79MqeUMAExEJ_.jpg

カツオにはビーストマスター3000XSでもオーバーパワーですね(^^;

回遊魚系は時合が短いことがほとんど。手返しを優先し短時間でドンドン仕留めましょう。


そして指示ダナの下限ギリギリからコマセを帯状に撒けばキメジが突っ込んできます!

kimezi.jpg

キメジは急速浮上による突撃で捕食するタイプの魚。

ナブラに遭遇した際にイルカのように跳ね飛ぶキハダ・キメジを見た方も多いことでしょう。

故にコマセの撒き方は縦に大きく振って帯状に。その帯を辿って付けエサに突っ込ませます。

20160818092801414.jpg

海面で急速旋回する青物たち。玉網の枠を魚の頭が越えたらハリスを緩めて掬ってもらいましょう。

Cp8BEM8VUAA8ZCl.jpg

混成のナブラでは上下の狙い分けでキメジ・カツオの両魚種がヒット!

上では塊状に下では帯状にコマセを撒き分けることで効率的に狙うことも☆

20160818093627187.jpg

引きの強さではキメジに分があり!日によってはキハダ級ばかりの日もあるほどです!!


そして途中で珍ゲストもw

20160818093702103.jpg

流れ藻に着いたハリセンボン。怒って膨らんでますw 危険ですから素手では持たないように…


バタバタと釣れ続く時合も中盤まで。その後は反応はあるもののポツリポツリと。

満腹になったキメジが傍でシャクられたエサにリアクションで喰っている感じに。

こうなるとエビングが有利ですが諦めずにコマセを撒き続けることが重要です。


台風も近づいて風もウネリも増してくると安全の為に1時間ほど早揚がり。

キハダ級は出ませんでしたが各々クーラーにカツオやキメジがそこそこ入りました♪

40059_lineup1.jpg

アカムツ・コマセカツオ&キメジと連続で試釣した

『ビーストマスター3000XS』

そのパワーとスピードは一級品。使ってみた感じとしては

PE5号までは『XS』、PE6号以上は『XP』といった印象ですね。

今回のサイズではXSで余裕ですが20s以上のキハダクラスが掛かればXPの出番でしょう!

今後も様々な釣り物で試してみようと思います☆



日によって好不調の波が激しい青物。先週は大爆釣!今週は貧果なんてことも多々あります。

しかしハマった時の爆発力は凄まじいもの!!これがキハダ級のラッシュとなれば堪りません!

今年はカツオも多いので入門者にも最適!レベルアップしてキハダにチャレンジも!!

相模湾の各船宿は当店から約1時間強。意外と近い相模湾に最大級の興奮を求めてご釣行ください!!


片瀬 萬司郎丸

/0466-23-8309

mannzirou.jpg





見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

駐車場No1〜4になりました。No5には、お止めにならないようお気を付けください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と

       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。



スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。



***************************************



           ☆浅草釣具の店員は、知っている。


 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。


           ご購入の参考にお尋ねください。


***************************************



(有)浅草釣具


地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 


住所:東京都台東区入谷1−2−2

(TEL・FAX) 03-3874-7855


駐車場4台分有り


火曜定休


営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)

       午前10:00〜午後6:00(日祝)


***************************************


下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by 浅草釣具 at 16:24| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

さあ、早速、Newビーストマスターをお試し。

20160813b.JPG
新製品ビーストXSを波崎アカムツで使ってみました。

XSは、スピード重視タイプですが、

もちろん力不足はまったく感じません。

”そのあまりあるパワー”

慣れた自分でもアカムツ竿で全開に巻くのは、ちょっと怖い位でした。


感じたのは、その音の静かさ。

速く巻いている実感はないが、あっという間に上がってくる。

安定した高速感。

そして、立ち上がりのなめらかさ。


魚が掛かったときは他機種より、スピードカウンター3〜4下げても同じ感じに受けました。


ぜひ、次回はイカで使ってみたい。

個人的にはXS(スピードタイプ)がオールラウンダーという感じです。


XP(パワータイプ)は、とにかくパワーという方、

スルメ多点掛け、キハダまでやっちゃいたい方にオススメです。


それとNewビーストマスターもそうですが、

最近のシマノの電動リールには探見丸機能(水深表示)が付いており、

リアル水深が常にわかるのも便利ですね。


どうぞ、

Newビーストマスターの使用感、ご質問等

店頭で実物を見て、回して、お尋ねください。

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。

20160813a.JPG

そして、
20160813.JPG
浅草オリジナル アカムツ用替え針 新発売!!

アカムツは、年々繊細な釣りになってきております。


頻繁に誘うから、ハリスがよれる。よれたら喰わない。

よれたハリスは、マメに替えましょう。

それが、釣果に繋がります。


でも、

仕掛けごと替えるのは、もったいないから、

ハリスから替えましょう。

ハリス付き針10本入りにいたしました。

人気のホタ針、ハリス6号で

ゆとりの65cm付だから結びやすい。

浅釣オリジナル、シーズン限定です。


見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。

2016年08月14日

【釣行報告】夕涼みなのに熱い!意外とテクニカルな夜ムツと戯れる

意外とテクニカルな誘い、サメの追撃を振り切るスリル、抜群の食味!

今年も大盛況で週末はかなり早くから予約しなければ乗船できない程の人気を誇る夜ムツ船。

暑い昼間を避けての夕涼み♪しかし相反して釣りの内容は熱い!!勝山萬栄丸から出船です!

20160812130330592.jpg

ムツというと深場釣りで掛かってくる黒金の歯の鋭い美味しい魚というのが一般的な認識でしょうか?

深場釣りのターゲットという印象が強いのか置き竿でのんびりとした釣りと思われがちですが、

夜ムツはタナを探りアタリを捉えてタイミング良く合わせをいれるというゲーム性に富んだものです。


今回は11名の釣り人を乗せて4時過ぎに出船。今晩のムツの活性はいかがなものか?

日の長いこの時期、夕マヅメはデカムツ狙いのポイントへ!

数日前には3s近い大物も上がったとあって乗船者のテンションもMAXです☆


約100mの水深。なかなかアタリを捉えられない中、レンタルタックルの方にアタリ到来!

20160812130454225.jpg

イイ感じに曲がるロッドに期待を乗せて、ボコッと水面に出てきたのは1sオーバーの良型♪

この一匹に活気づく船内ですがこの後に上がってくるのは赤い魚…。

20160812130535624.jpg

20160812130529697.jpg

外海の遠征釣りではお馴染みのハチビキ。

真っ赤な外見は中身まで!意外と美味しい赤身魚です♪


このまま暗くなるまで粘ってみるもポツン・ポツンと追加できる程度。

なかなか大型が上がらないので移動していつものポイントへ。

すると堰を切ったようにムツが上がり始めます!

20160812130516722.jpg 20160812130523974.jpg

IMG_2018-thumbnail2.jpg IMG_2019-thumbnail2.jpg

ガツガツ!とムツ特有の荒いアタリ!慣れている方はダブル・トリプルと♪

IMG_2016-thumbnail2.jpg

レンタルタックルの方々も順調にムツを掛けてゆきます☆


さて夜ムツのポイントは色々ありますが、何より重要なのは…。

掛かったら最高速で巻く!

口の強いムツは最高速巻きでもほとんど落ちません。

これを怖がって中速以下で巻いてしまうと船下についたサメの餌食に…。

ドラグも滑らないようキッチリ締めておきましょう!

残り30mを切ったら手巻きアシストも上乗せして速度低下を最小限に抑えましょう!

それとオモリ・仕掛け・替え針も多めに用意してくださいね!


段々と活性が上がってきたのか当たるタナも上昇。反応は底から20m以上に達することも。

浮いてるムツもおり、オモリ位置で10m以上上げて当たるで状況も。

しかしこの日は当たっても食わせきれるかは別の話。あまり高すぎるとアタリはスミヤキ…。

底からオモリ2m浮かせた方はタナを取ってから置き竿でどんどんアタリを出してゆきます!


次第にアジとサバが増えてきました。流しによってはサバばかりになることも…。

アジならば引きが弱いので掛かっても放置できますがサバは横に走るのでオマツリの原因に。

落下途中にサバが掛かってしまうと直ちに回収!ムツを掛ける時間がありません。。。

そこにスミヤキ(クロシビカマス)も混ざってハリス切れも続出してます。

ちなみにアタリはそれぞれ特徴があるので見分けるのは容易です。

ムツ:「ガッ、ガッ!」と鋭く短め。低い棚でのアタリは居食いしてモタレることも。

スミヤキ:ムツに近いやや鋭いアタリも直ぐに食い上げる。対処が遅れるとハリス切れ。

アジ:低めで「プルプル」とくる小さく短いアタリ。掛かっても引きは弱いので無視できる。

サバ:「ブルブルブル」と周期の短いアタリで喰い上げることが多い。横走りでオマツリに…。


22時近くまで釣ってムツ28〜46pが5〜21匹。期待された浅場の大型は1本のみ(^^;

アタリ自体は多く楽しむことができました♪たまたまでしょうけどサメの邪魔も入らなくて良かったです。


萬栄丸の夜ムツはこれから年末までのロングラン!

夏の暑さを避けて食べて美味しいムツが狙える!そして意外とテクニカル♪

それなりのパワーある電動リールに4号前後のPEラインを300m以上巻けば楽しめます!

まだこの釣りを体験していないのなら是非ともチャレンジしてみて下さい☆


勝山 萬栄丸

/090-3210-6258

CpZgS4nVYAAoJr2.jpg


ソルトと沖船は、リンクする。
浅ブロ沖船では、をご紹介。こちらもご覧ください。
http://asakusablog.seesaa.net/

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロソルト更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablogsalt」と
メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。

***************************************



浅草釣具の店員は、知っている。

釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。



ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************



(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************



下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。



posted by 浅草釣具 at 10:04| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

【釣行報告】コマセ解禁!好調の相模湾カツオが狙い目!!

1日より解禁となった相模湾のコマセキハダ&本ガツオ。今年はキハダはやや沖ですが

カツオは相模湾に多く入っており解禁初日から好調に釣れ続けています。

20160805083222655.jpg

お邪魔したのは江ノ島大橋と新江ノ島水族館の間に位置する片瀬の萬司郎丸。

20160805084219680.jpg

季節に応じて様々な釣りものを出船する人気船宿。当日も多くの釣り人で賑わっています。

釣り座は右胴の間前より。片舷8名にて出船し相模湾南西にナブラを探します。

20160805084843355.jpg

仕掛けは浅釣カツオ仕掛けとFLステン缶80号。天秤はチドリKH型との組み合わせ。

ここ2日の釣果はイワシについて落ち込んだようですが、どう出るでしょうか?

20160805085357261.jpg

作業船の側で船団ができていましたがこれはスルー。

やや西よりに進路をとって進むと数隻のルアー船が鳥を追いかけています。

その奥に低く飛ぶ鳥の一団に狙いをつけて追跡開始☆

30分ほど追うと海面に刺し始め実釣開始となります。

指示棚は15〜20m。しかし反応の移動が速い!狙撃用のFL缶による高速落下でも抜けられるほど。

そして海面で跳ねるカツオの群れ。数センチ程のトビウオやイワシの子を追って高速回遊。

動く魚群に先回りして1投入で直ぐ移動。実にカツオ船らしい追跡戦になります。

20160805090234109.jpg

落下速度の勝負ならレベルワインド無しのレバードラグに分があり!

ガイド口径の大きい初代浅草200も落下速度向上に一役買います☆

船下を通過するカツオに上手くタイミングがあえば船内の竿が突っ込みます!

20160806083041883.jpg

カツオらしい横方向の疾走を止めてガンガン巻く!もたつけば数名巻き込んでのオマツリは必至。

水面で顔が出てしまえば抵抗できませんが掛かりどころによってはバレることも…。

素早くタモ入れしてもらい確実にゲットしましょう☆

上がってくるのは2〜3.5kg級。掛かるサイズは群れ次第といったところです。


カツオはコマセに横方向から密度の濃いところに突っ込んでくる魚。

なのでシャクリは短く鋭く振って、コマセを塊で出すイメージで。

これを当日はイワシによる0〜20mでの遊泳層の上下動が激しかったので

指示棚よりビシを1.5m下げてから3m巻き上げて、50cm刻みで3回振っていきます。

komase.jpg

指示ダナ15mですとビシ位置の推移は16.5m→13.5m→13m→12.5m→12m。

ハリスは3mなので13.5m〜15mまでゆっくり沈降しながらコマセが被ってゆきます。

オキアミの沈降は10秒で約60cmなので12mで振ったコマセは30秒で15mに到達です。

アタリ無く30秒経ったら再び16.5mへ落とし込んでシャクリの繰り返し。

初代浅草200のシャクリでFLステン缶にコマセを撒き切るまでの回数は9回。

なので3回繰り返して2分弱でコマセの再装填。大抵はここまでに掛かるか抜けるかです。

なお指示棚は魚群かビシ位置か確認しておかないと3m棚ボケするので要注意。

これは船宿や船長によって差があるので事前に確認しておきましょう。


ちなみに当日、海域を見回していると気になる光景が…。

カツオの指示ダナで長ハリス・置き竿・ドラグ緩る緩る・コマセ振らず…。

同じ海域にいるといってもカツオを狙うならキハダの釣り方をしても良い結果は得られません。

それどころか他者を巻き込んでのトラブルを招き、船内釣果を低下させます。

乗っている船が何をメインにする船なのか?確認して確実に釣果を伸ばしましょう。

合同で狙える場合は現在40m前後にキハダの反応が出るようですね。



追跡を繰り返してゆくうちに次第にカツオも船下を通過する回数が増えてきました♪

それと合わせてカツオのヒット数も増えてゆきます。掛かったらゴリ巻きが鉄則!

横へ思い切り走るのでドラグを出さずに浮上させましょう。

1470293759-1-9963-ck.jpg 1470293787-1-684-ck.jpg
※画像は萬司郎丸HPより

そして中盤より船の周囲に大きなナブラが発生!

浮かんでは沈み、浮かんでは沈みを繰り返して取りきおり射程圏内まで入ってきます!



タイミングのあったルアーマンにキメジがヒット!ナブラの中にはキハダの姿も!?

1470293819-2-2845-ck.jpg
※画像は萬司郎丸HPより

船内唯一のマグロ類!当日はルアー苦戦だっただけに喜びも一入でしょう!


カツオの活性は悪くないのですが、イワシ追いだとコマセワークが勝負になります。

当日は0〜5本でスタッフ小林が8打数5安打で竿頭♪これにキハダも入ってきたら激熱です!

Co29uZRVMAAZ5K-.jpg

今年のカツオは脂の乗りが良い個体も多く食味抜群!!

ひと工夫すればさらに美味く!!ぜひ皆様にもチャレンジして頂きたいですね!

例年なら11月頃まで続く相模湾のカツオですが相手は回遊魚。

出たり入ったりを繰り返しながら秋まで続いてゆきます。途中で本メジやヒラソーダも合流!

これからますます熱く楽しくなってゆきます!夏の相模湾にぜひともお出掛けください!!


片瀬 萬司郎丸

/0466-23-8309

mannzirou.jpg

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

駐車場No1〜4になりました。No5には、お止めにならないようお気を付けください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と

       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。



スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。



***************************************



           ☆浅草釣具の店員は、知っている。


 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。


           ご購入の参考にお尋ねください。


***************************************



(有)浅草釣具


地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 


住所:東京都台東区入谷1−2−2

(TEL・FAX) 03-3874-7855


駐車場4台分有り


火曜定休


営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)

       午前10:00〜午後6:00(日祝)


***************************************


下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。

にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
posted by 浅草釣具 at 12:16| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

【釣行報告】竿で手釣りで湾奥マダコがまだまだ熱い!

湾奥の人気釣りもの「マダコ」。先の三連休でも各船満員御礼!

渋糸を用いた独特の手釣りは中々に奥深い釣趣があります。

このタコをエギを用いて竿で釣るやり方が関東でも流行りの兆しを見せています。

20160720083427040.jpg

竿によるタコ釣りの最大の利点はキャストによって広範囲に探れること。

しかし関西方面の一般的なタコの竿釣りタックルはベイトリールが多く、

投げた経験の無い方はバックラッシュに苦しむことに…。

「何か使えるタックルは無いものか?」

その答えがヒラマサキャスティングです。

20160720084323249.jpg

プラグを操る繊細な穂先、根に突進するヒラマサを止める胴上からの圧倒的パワー。

大口径スプールを有するリールは飛距離も抜群!もちろんパワーも過剰な程です。

「ルアーやらないからヒラマサキャスティングって言われてもタコの為だけに…」

ご安心下さい!

このタックルは相模湾の一俊丸や長三朗丸が得意とするイワシフカセに最適!

夏の弾丸ライナー、カツオ&キハダと正面から渡り合えます♪

そして既にフカセタックルをお持ちの方。竿ダコに今すぐ挑むことができますよ。


さてタコ釣りですが先週の大雨による水潮でここ数日の釣果は低迷…。

それでも今年は湧きがよいので十分なストック量が期待できます。

20160720090148383.jpg

他乗船者は定番のテンヤ。タコエギで何処まで迫れるでしょうか?

湾奥の工業エリアを流しながら竿釣り最大の利点であるキャストで

船の近づききれない障害物ギリギリや船が流れる先へ打ち込んでゆきます。

すると回収するラインにしがみつく黒い物体が…。

20160720090705973.jpg

なんと海上でコクワガタ♂を捕獲。川に落ちて海まで流されてきたのでしょうか?

凄い生命力ですね。せっかくなので陸地に放ってやりました。


キャストしてシェイクしながら時々ポーズ。

タコ用にチューニングされているエギは意外と根掛かりを回避できます。

そしてシェイクを止める微妙な重み…。しっかり抱き着いたのを確認してガッチリ合わせます!

手釣りに比べて竿釣りのアワセは思いのほか力が入っていません。

タコを底から剥がすようにキッチリ合わせを叩き込みましょう!

20160720083427040.jpg

上がってきたのはやや小ぶりのマダコ。4本のハリがしっかりタコを捉えました♪

シルエットの小さいエギはテンヤに比べると平均サイズは小振りになる傾向にありますね。

20160720091017041.jpg

前半タコエギ、後半テンヤで何とかツ抜け♪ 竿頭は21杯で船中70杯ほど☆

途中地震で全く乗らない時間もありましたが週末の水潮も回復傾向。まだまだ楽しめそうですね♪

20160720091034318.jpg

成長の早いマダコは一潮毎にドンドン大きく、そして高い学習能力によって徐々に手強く。

シンプルな道具立ての中に知恵を絞って、竿で手釣りで東京湾の夏を堪能してはいかがでしょう?



見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



posted by 浅草釣具 at 18:25| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

【釣行報告】早朝で暑さ知らず!?太海沖スルメ&Fサビキ

太平洋高気圧が梅雨前線を東北まで押し上げました。

台風1号も日本へ向けて旋回するコースに…。いよいよ夏がやって来ます☆

20160706085014058.jpg

釣りは楽しいですが30℃を越える暑さで遮光物のない炎天下はキツいもの…。

そう思っている方におすすめなのが今回お邪魔した安房太海の聡丸の早朝船です♪

この一帯は出船時刻が非常に早く、当日も03:45には出港。遠征船並みの時間です。

そして明け方より釣り開始。09:30沖揚がりで10時過ぎには港に戻れます。

暑さがピークを迎える時間には帰路どころか帰宅でき、夕飯の準備も余裕がもてます♪

20160706085029363.jpg

当日の聡丸は8名の乗船者を乗せてまずはフラッシャーサビキでのアジ釣りから。

フラッシャーサビキ→スルメのリレーでオモリは共に150号。

別々の竿を用意する方が多いですが、「二代浅草172先乗り」のような

先調子から高負荷で胴調子に移行するロッドなら1本で両方狙える汎用性があります。

和田沖の水深100m程のポイントに浮いており、20〜30m前後と浅く楽々♪

20160706085549542.jpg

しかも入れ食いなので簡単にバケツが埋まってゆきます。

20160706085417252.jpg

中アジメインにウルメイワシやゴマサバが少々。数を伸ばすには手返しが重要。

先端が「J」状の針外しは必須。素早くアジを掴めるようにワニグリップなども。

20160706085857525.jpg 20160706085907526.jpg

焦りすぎて仕掛けを絡ませないように十分注意しましょう。

数が欲しいなら急ぎますが食べる分だけなら丁寧にやっていても30匹ぐらいは楽勝です☆

美味しく食べたいなら活き〆も良いでしょう♪

20160706090146062.jpg



市販のイカ〆ピックを使えばエラ切りと中骨切断による神経カットが安全一撃!

20160706090156021.jpg

イカ用クラースノコにきれいに並べて海水氷に沈めておけば取り出しも楽々です♪


さて一時間半程のフラッシャーサビキが終われば本命のスルメイカの時間。

数日前は束越えの釣果も出ていましたが本日の活性はいかに?

20160706203937113.jpg

20分ほど東へ移動しスタート。18cm直結12本角で挑みます☆

水深は140m程。そこから20m程反応有るようです。しかし一流し2流しは不発…。

嫌な予感がし始めた3流し目から徐々に反応が船下に入ってきます。

乗り方はポツリポツリと地味目な感じ。竿が持てなくなる程の多点掛けとはいきません。

そんな状況では通常の電動直結でガンガンタナを探るより誘いも短く間を意識して。

まるでヤリイカ釣りを思わせるシャクリで乗りを拾ってゆきます。

じっくり見ている時のか触腕掛かりも多いので群れの密度も低いのでしょうか?

高密度の時は獲り合いになるのでガッチリ掛かるか横掛かりが増えてきます。



それでも群れがバラけているだけで数はいるのか少し移動するだけで直ぐに次の反応に♪

中にはそれなりに活性の高い群れもあって数杯づつながらも20分近い流しも。

そして溜まったイカは流し替えや投入の合間でどんどん沖干しに加工。

自分の後ろにずらりと開いたイカが並ぶのは気持ちが良いものです♪

仕掛け投入→着低までにイカを開いて→誘って乗せたらキーパー掛けでで巻き上げ

→上がってくるまでに干して→イカを取り込んだら再び仕掛け投入。


小振りのニセサイズは沖漬けタレに入れて作業は沖揚がりまでループします。

20160706085014058.jpg

休む暇も惜しんで釣って捌いてスルメに没頭するとあっという間に沖揚がり時刻に。

ハイスコアを目指して汗まみれ墨まみれの心地よい疲労。まさにスルメはスポーツですね♪


揚がって片付けまで含めても10:30までには確実に動けます。

そのまま帰路についても、午後船へ移動しても、観光に回っても十分な余裕があるでしょう。

夏は早めに動いて暑さのピーク前に沖揚がり安房エリアの釣りは楽ですよ♪



太海 聡丸

/04-7092-0505

satosimaru.jpg



みんな行ってる釣っている 最近の釣果

大好評で品切れ品、再入荷!

沖船とソルトは、リンクする。
浅ブロソルトでは、をご紹介。こちらもご覧ください。
http://asakusablogsalt.seesaa.net/

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ




posted by 浅草釣具 at 10:33| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

【釣行報告】梅雨に入って活性上昇!東京湾マダコが熱い♪

相模湾はキハダが来遊、東京湾では夏タチもスタート。

空梅雨気味の今年の天候も相まって釣りやすい日が多いですね。

20160629084106362.jpg

さて今回狙うは現在好調の東京湾のマダコ。6月に入ってから一気に釣果が伸びています!

マダコと言えば太いテトロン糸にカニを縛り付けたテンヤによる伝統の手釣り。

しかし最近は大型フックを装備した「タコエギ」も流行ってきました☆

20160629084137507.jpg

竿と組み合わせればキャストで広く探れ、乗合船では竿抜けポイントを直撃できます。

話題の釣法。果たしてその実力はいかに??

20160629084258563.jpg

テンヤでは湾ダコ狙いで最強となる「活イシガニ」。ワタリガニとは威力が違います♪

活きているのでカニは横付け。これにより海底で足がワシャワシャ動いてアピール!

思わずタコも寄ってくるでしょう♪集寄はホワイトグローで濁った東京湾で目立たせます。


雨風を避けて午後からの出船。タコは沿岸の工業地帯に広く生息。

その中でも水深10m前後のガレ場の掛け上がりがお気に入りのようで数もまとまります。

当日は一流し目からポツポツと顔を見せるタコたち。型も500g平均でまずまず。

複数名に同時に乗るようなポイントでは捕まえたエサを抱えて上がる事も多く、

ボケジャコ・ダボハゼ・イシガニ・アサリなど多彩。捕獲できるものは手当たり次第!

しかしそれはタコのお目にかなったものという条件付き。

何かが気に入らないとスルーすることは前回掲載の動画でも明らかです。



集寄の重要性も同様。遠くから見つけて1度はアタックするようで、

実釣中も「クンクン」と軽い感触の後に「ムニムニ」とテンヤを押さえつけました。


それよりも苦しんだのは水面バラシの回数…。風と潮が止まり掛けた時間帯は、

ラインも真っ直ぐに立ってアワセでテンヤが持ち上がる角度に…。

水面で表を向いているときは大抵掛かっておらず、そのまま抜こうとすると

落下して帰ってゆきます。もし上がってくるタコが針掛かりしていないなら水中で待機。

止めている状態では直ぐに逃げないのでネットを用意して確実に掬いましょう。

ひっくり返って吸盤と口が見えるときは掛かっているので大抵抜き上げOKです☆


ポツポツと乗り続けるタコ。不思議と平均的に乗ることはなく、誰かに集中します。

エサの付け方・テンヤのカラー・小突き方と様々な要素があるのでしょう。

6FB785D4-CC90-4EF5-900F-48E5D72EE5F3.jpg

そして確変に入った人のテンヤは水中の滞在時間が短く、タコの臭いもガッチリつきます。

よく「タコが持ってきたカニは爆乗りする」とも言いますが、

見る時間が少なければスレ難く、投入し直せば新しいポイントに入りやすいのでしょう。

加えて同種が狙ったエサともなれば然して警戒しないのかもしれませんね。

この辺りはまだまだ追求の余地もありそうです。

20160629211327105.jpg

降ったり止んだりの空模様でしたが終わってみれば19・23・25・29で船中96杯。

特大サイズは出ないものの平均500g級で十分な釣果と言えるでしょう。

20160630150020421.jpg

他の場所で狙っていた「のんちゃん丸」も特大含みGET♪

これから暑くなってくれば更に成長し、活性も上がってくることでしょう。

手軽な装備で気軽に挑めるマダコ。独特の釣趣、抜群の食味にハマるはず!

身近な東京湾へ出掛けてみてはいかがでしょう?


※冒頭のタコエギは一撃根掛かりにより検証に至りませんでしたm(__)m





沖船とソルトは、リンクする。
浅ブロソルトでは、をご紹介。こちらもご覧ください。
http://asakusablogsalt.seesaa.net/

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。

浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。

スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り(No1〜4)

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************

下のボタンをポチッと。
下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ



posted by 浅草釣具 at 13:38| 浅草釣具店員のオススメ(実釣編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする