2014年04月30日

美味い?不味い?イシナギの食味

初夏の大物イシナギ。ここ数年の釣果で釣りものとしても定着したようですね☆

0F702AF7-84E4-4844-8715-E7A829F5E8B4.jpg

さてイシナギのシーズンが始まると良く聞かれるのが「イシナギって美味しいの?」という質問。

スタッフ小林は「美味しい魚です」と即答しており、家庭での食味評価はヒラメより上です。

この時期はかなり脂が乗っており腹身側はくどいぐらい。

皮にも脂が乗っているので火を通すなら皮は残した方が美味しいと思います。

それでもイシナギは図鑑やネットでの食味評価は今一つ。何故なのでしょうか??


これに対する見解として「鮮度の管理」がキーポイントになると考えています。

イシナギは100kg級も狙える巨大魚。これを釣り上げて船上でどう保管するか?

クーラーに入りきる中型以下のサイズなら未だしも50kg以上となれば困難。

生け簀では浮いてしまいますが、ダメージが少なければギリギリまで活かすことはできます。

また注意したいのがイシナギの血液は独特の酸味があるということ。

特に刺身で熟成を待ってから食べようとするなら血抜きは必須といえます。

要は船上での処理はマグロ類と同様に扱っていただければ確実といえるでしょう。


処理のしかたは前回の記事をご覧ください↓
『イシナギ解体に便利な包丁』


調理例

スタッフ小林作成の素人調理より☆ 簡単なものばかりですのでお試しください!

BlWXBJnCUAABYpl.jpg

『酢豚風甘酢掛け』(左)

下味(酒、醤油、生姜、ニンニク、ごま油)に漬け込み、片栗粉をまぶしてフライパンで焼き揚げて皿に取る。

そのフライパンで長ネギを焦げ目がつく程度に焼き、イシナギをフライパンに戻し、合わせ調味料と合わせる。

要は酢豚の豚がイシナギに替わった料理です。スタッフ間でも非常に好評でした☆

合わせ調味料(参考まで)

醤油 大さじ2半・酒 大さじ2半・砂糖 大さじ2・ケチャップ 大さじ3、酢 大さじ3・中華あじ 大さじ1


『白子の酒蒸し』(右)

この時季のイシナギの珍味!イシナギは50s前後で雄から雌に性転換します。

新鮮な白子を酒蒸しにして紅葉おろしと万能ネギをかけて頂きます。

ここから様々な調理に派生させることもできるので、雄のイシナギを釣ったら作って損はありません。


BlbNDX4CUAALR92.jpg

『天ぷら』

「切り身」「白子」「白子海苔巻」の品で作ってみました。

切り身はほどよい脂の乗りの背中側がおすすめ。

白子は酒蒸ししたものを使用すれば爆発もある程度防げて安全です。

たっぷりの大根下ろしと麺つゆでお召し上がりください☆


BllZkOFCYAAsB99.jpg

『ステーキ』

腹身の調理といったらこれですね!下手な肉よりも遙かにジューシー!!

鮮度が良ければ焼き加減をレアにすれば身も固くなりすぎず食べやすいでしょう。

ソースは「タルタルソース」がおすすめですが、和風で「おろしポン酢」もいけますね☆


Bl6ITX5CcAAzrfN.jpg

『塩麹漬け』

非常に簡単に仕込める塩麹漬け。適度なサイズの切り身をつけること約3日で完成☆

冷凍にしてしまえば保存が利くのでいつでも食べられます。

ちょっと焦げやすいので焼くときは十分ご注意ください。


10245356_619743701453159_30053668539408601_n.jpg

10247327_619743604786502_1458020850363914618_n.jpg

『グラタン』&『竜田揚げ』

こちらはお客様より画像をいただきました!かなり美味しかったそうですよ☆

他にも「刺身」「厚切りしゃぶしゃぶ」もおすすめ。白子の酒蒸しを溶いて醤油やポン酢で食べると最高です!


釣った後の楽しみも多い魚ですのでぜひ食べてみてください♪



GWに釣りに行くなら、浅草釣具へ!!GW中も浅草釣具へ!!

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。


駐車場No1〜4になりました。No5には、お止めにならないようお気を付けください。


浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************


下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ



posted by 浅草釣具 at 18:35| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

今年のイシナギの見通しは?

初夏の大物イシナギ。ここ数年の釣果で釣りものとしても定着したようですね☆

SANY0556.JPG

釣り場は各地に点在してますが有名なのは外房勝浦沖と東京湾口城ヶ島沖でしょう。

城ヶ島沖は浅草釣具の仕立船が狙った際は15〜58kg船中11本。その後沈黙が続くも、

昨日の二宮丸で再び爆発!遊漁船の海域最高記録と思われる119kgが浮上しました☆

周辺釣果を見るに潮濁りが薄れて再び食い気が上昇したのでしょう♪

城ケ島沖のイシナギは漁礁周りの100m前後がポイント。根に突っ込む魚ではないですが、

漁礁に付くのである程度強引に剥がさないと根擦れで切られる場合も…。

本命となる外房勝浦沖は12日に基吉丸が狙うも例年のポイントでは反応が見られず、

一度だけ深場でイシナギっぽいアタリを捉えたのみ。今年はスタートが遅いのか?

明日27日も調査に出るようですね。5月に入ったら毎日出船予定。

第二沖合丸はゴールデンウィーク後より出船を開始するそうです。

資源保護の点から昨年と同じ出船条件となりそうで「午前便のみ10時納竿」

「初夏の満月に乘っ込む」がキーワードとなる魚。次の満月は5月15日です。


今後の動向に目が離せませんね♪ 初夏の大物「イシナギ」ぜひチャレンジしてみて下さい☆


浅草釣具blog『イシナギ特集』

初代.jpg


GWに釣りに行くなら、浅草釣具へ!!GW中も浅草釣具へ!!

見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。


駐車場No1〜4になりました。No5には、お止めにならないようお気を付けください。


浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************


下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ



posted by 浅草釣具 at 12:44| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

イシナギ解体に便利な包丁

 初夏は大物の季節!銭洲解禁・イナンバ遠征・イシナギ接岸など大物釣り師のシーズンスタート!!

しかし魚を全て捌ききってまでが大物釣りです。きっちり捌かないようではいけませんよ!

D26F31E3-41AF-477E-B970-3842912CF2BA.jpg

このblogでもお馴染の大物解体包丁として活躍する冷凍食品包丁。

シーズンということで追加入荷しました!相模湾キハダで使用された方も多いことと思います。


44159140416090954-1253039570.png

今回はイシナギの解体について説明してみましょう!

まずは船上での処理。きっちり血抜きして冷やして保管したいところ。

特に血液は時間を置くと独特の酸味を出します。刺身で食べるならお忘れなく。

マグロを扱うようにして頂ければ完璧。鮮度の良い状態を保てれば美味しい魚です!


イシナギの大きなウロコは普通に剥がすには大変。そんな時はスコップの出番です!

BlQCukZCMAAS12Z.jpg

水平にスイングするような感じでスコップを振れば、ウロコがどんどんそぎ落ちてゆきます。

BlQDNEXCcAANjac.jpg

慣れれば片面5分もあれば十分。およそ10分弱でウロコ剥がしは完了です。

BlQFeAqCcAAMpKR.jpg

ウロコを落としたら次は鰓と腸を出します。

グロ画像となるので詳細画像は撮っていませんが大型魚なので順序立てて切らないと苦戦は必至。

スタッフ小林のおすすめとしては

@肛門から刃を入れて鰓の下の付け根まで切り開く。

A鰓の両サイドの薄膜を切って上の付け根に両サイドから刃が入るようにする。

B鰓の上部を魚体から切り外す。刃が入りやすい角度を見つけるのがポイント。

C鰓を持ち上げてくっついている内臓ごと本体より外す。


このように処理すると比較的簡単かと思われます。

また白子や真子が大きい時は腹鰭までは料理バサミを使用すると傷つけずに開くことができるでしょう。

BlQHXj9CcAAk2t3.jpg

内臓で食べられるのは胃腸と白子と真子。

間違っても肝臓は食べないでください!

ビタミンA過剰症で約一月間の地獄を見ることになります…。


BlQLaniCcAICELM.jpg

さて腸を取り出したら頭を落としましょう。カマ焼きに丁度良いぐらいに切りながら刃を中骨まで進めます。

ギザ刃の包丁ですが中骨をまともに切断するのは大変ですので、狙うは骨の節目。

そこに刃を入れて切断し、頭をサバ折りのように曲げればバキンと外れます。

頭を落としたらカマを切り出し。ザクザク切りれば簡単♪ 刃の進みが悪い時は裏面からも…。

BlQOKinCMAAz5Rc.jpg

頭を落とした身を卸す作業は身のブロックを切り出すイメージで。半身ごとに切ってゆけば楽々♪

身の重量が重いので三枚卸しは慣れないうちはおすすめできません。

BlQQoLrCEAAfpod.jpg

切ったブロックは用途に応じたサイズで保存。

ピチットシートやジップロックなどもお忘れなく。深場用多目的ビニールも使えます☆

BRuKxcvCYAAzo75.jpg

BRt7Wy7CcAAG9vc.jpg
※写真はカツオです


釣った魚は責任を持って!ここまで処理できれば後は美味しく食べるだけ☆

アフターフィッシングも最大限楽しみましょう!!




見るだけ、聞くだけ、大歓迎です。なんでも聞いてください。


駐車場No1〜4になりました。No5には、お止めにならないようお気を付けください。


浅ブロ更新メールマガジンhttp://blog.seesaa.jp/pages/mailmag/regist/input

上記ページで、ホスト名に「asakusablog」と
       メールアドレスをご記入のうえ、メールマガジンをお申し込みください。


スマートフォンのメールアドレスでもお願いします。


***************************************


           ☆浅草釣具の店員は、知っている。

 釣具を実際に「ご購入・ご使用されたお客様の声」を毎日積極的にお伺いしております。

           ご購入の参考にお尋ねください。

***************************************


(有)浅草釣具

地下鉄日比谷線・入谷駅(上野駅の次)徒歩2分/首都高入谷口(上野の次)から150m 

住所:東京都台東区入谷1−2−2
(TEL・FAX) 03-3874-7855

駐車場4台分有り

火曜定休

営業時間 午前10:00〜午後8:00(平日)
       午前10:00〜午後6:00(日祝)

***************************************


下記ブログランキングUPにご協力いただき、誠にありがとうございます。
にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ


にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ



posted by 浅草釣具 at 19:50| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

【イシナギ特集5】大物を浮かせるパワーファイト

今年も始まった勝浦沖の巨魚「イシナギ」

大いに盛り上がるこの魚をスタッフ小林が数回に分けて解説したいと思います。

SANY0235.JPG

掛けたらリラックスして

o0179032011972328606.jpg遂に念願のイシナギがヒット!興奮度もMAXに高まる瞬間です。

が、ここで冷静さを欠いてはいけません。

大物とのファイトは例えれば長距離走のようなものです。

最初から渾身で挑んでは10分と耐たずにへばってしまいます。

焦りは緊張を生み、緊張は疲れを増加させます。

強烈なイシナギの引きを最小限の力で受け止め、筋力だけでなく体重も活用しましょう。

船ベリでギャフが掛かれば釣り人の勝利。体力を配分し、魚との持久戦を制しましょう。

ファイト中の注意点

SANY0234.JPG

イシナギのは複数名同時ヒットが多く、必然的にラインが交差します。

掛かっていない人はファイト中の人を優先するのは当然ですが、

ファイト中の人同士でのラインクロスは向きを見て動いて解消しましょう。

イシナギは掛かった釣り座で最後まで勝負することはほとんどありません。

状況に応じて走っている方へ移動しトラブルを最小限に減らしましょう。

[電動リールでのファイト]

product1.jpg最近のモデルは小型でもハイパワー!しかし電動リールは電源がなければ動きません。

故に何よりも注意しなければならないのは電源の確保です。

バッテリーを持参し、ファイト中は空いている人にバッテリーの輸送を依頼しましょう。

また、ある程度動きが止まったら電動のパワーを活かして巻き上げてきます。

ロッドをポンピングし、ラインを電動で巻き上げるスタイルなら簡単!

体力がきつければクランプをキーパーに接続した状態でファイトしても良いでしょう。



[手巻きリールでのファイト]

product11.jpg掛かってからも自由度の高い手巻きリールならば船上を動き回るのも容易です。

そして手巻きを選んでいる人は「大物ファイト」を心底楽しみたいはず!

ぜひフルスタンディングで勝負しましょう!!

注意点としては電動リールよりも体力的な負担が大きく、船内を動くので

グローブや滑りにくいブーツ。そして何より救命胴衣の装着を忘れずに!

iphone/image-20120518175810.pngまたファイトの際にロッドをお腹に当ててコントロールできる、

フィッシングベルトやギンバルベルトもおススメの装備。

身体全体を使ってイシナギをリフトしましょう!



取り込みの際にはロッドをキーパーに置いてラインを手繰り魚を誘導します。

ギャフ掛けに入る前にオモリを取り込み、不意に魚が暴れても大丈夫なように

リールのクラッチを切って待ちかまえましょう。

ズドン!という音と共に魚が取りこまれれば貴方の勝利です!


posted by 浅草釣具 at 00:00| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

【イシナギ特集4】エサを喰わせる誘い

今年も始まった勝浦沖の巨魚「イシナギ」

大いに盛り上がるこの魚をスタッフ小林が数回に分けて解説したいと思います。

P3074011.JPG
鴨川シーワールドをゆったり泳ぐイシナギの若魚

喰わせの誘い

大物ファイトばかりが注目されるイシナギですが、食わせなければ釣れません。

イメージするのは大きなメバル。上からゆらゆら落ちてくるエサに強い興味を示します。

通常は指示ダナより2mほど多めに巻き上げてからタナへ下せば、

沈んでゆくエサの動きによって大抵は食ってくるでしょう。

それでも食わないような低活性の日は誘いが重要になってきます。

イシナギは最も高いときで海底から15メートルまでエサを追うので、

底から5メートルを基準として、上下の誘いを入れて行きます。

・上方向の誘い

30秒〜1分間隔に1メートルづつタナを上げてゆき、「イシナギにエサを見つけさせる」イメージです。

通常は指示ダナ+5メートルほど上まで、スッと誘い上げてゆきます。

・下方向への誘い

重要な食わせるための誘い。上方向と同じように30秒〜1分間隔で下げてゆき、

エサに気付いているイシナギの補食レンジ内に仕掛けを入れて行きます。

上方向と違い、ジワリと下げると有効です。特にイカが暴れるタナが見つかればチャンスです。

・マメなタナ取り

上下の誘いをしっかり行ってもタナが合ってなければ意味がありません。

イシナギの集まる岩礁地帯は起伏もそれなりで水深が変化に対応する必要があります。

探見丸が使えないor持っていない場合は5分に1度はタナ取りをしましょう。


がっちり掛けるアワセ

o0240032011335664192.jpgクンクン、と前アタリから強烈な引き込みによって海面に突き刺さるロッド!

渾身で挑まなければ起こせないほどのパワーはアワセが必要ないように思うかもしれません。

しかし大型魚はエサを咥える力も桁違い!この状態で止まって口を開かれたらバレてしまうでしょう。

これは一気に飲み込まない低活性の日ほど起きやすい現象です。

また太軸の大針を硬いイシナギの口を貫通させるには思った以上に力を要します。

がっちり掛けるにはやはりアワセが不可欠。前アタリから食い込むときに叩き込みましょう!!


//次回はビックフィッシュの華「大物を浮かせるパワーファイト」お楽しみに…

posted by 浅草釣具 at 01:37| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

【イシナギ特集3】掛けて獲る!仕掛けのこだわり

今年も始まった勝浦沖の巨魚「イシナギ」

大いに盛り上がるこの魚をスタッフ小林が数回に分けて解説したいと思います。

P7074347.JPG

P5205041.JPG今回は仕掛けについてまとめてみましょう。

オオクチイシナギという和名を持つだけあって、イシナギの口は大型。

その大きさは100キロクラスで洗面器ほどのサイズはあります。

この口を使ってエサを一飲みにするので使用するハリも巨大です。

ハリについてのこだわり

P5195028.JPG太軸のハリが使われるイシナギですが針先の形状でストレートかネムリかで意見が分かれるところでしょう。

スタッフ小林としては刺さりの良いストレート形状がおすすめ!過去に両タイプを試してみましたが、

唇の分厚い70キロ以上となると、ネムリ型はフトコロが狭く針先が捉えにくいため、

穂先が海面に突き刺さるようなアタリがきても針掛かりに至らない事が多々ありました。

またイシナギの歯はヤスリ状で、ある程度太さがあれば擦りきられることは稀です。

P5145016.JPGつまり太ハリスであれば飲まれても然程問題にはならないわけです。

ストレート形状は少ない力でキッチリ刺さるので初心者でもバラシが少なく安心!

そしてイカのエンペラ部に遊動式掛けバリで取り付けた場合、引かれて下部にスライドしたとき

ストレート形状の先バリが下に構えていれば突き刺すことは容易です。

仕掛けの構造と作成

イシナギの仕掛けはヒラメの仕掛けを大型化したスタイル。一般的な数値は以下の通り

幹糸]80〜100号 2M [ハリス]60〜80号 1.5〜2M
[捨糸]15号前後 速潮1M 遅潮0.5M [オモリ]200号
[先バリ]スーパークエ35号 [掛けバリ]ひらまさ・かんぱち20号


それではスタッフ小林の使用する仕掛けの作成を写真を交えて説明してみましょう。

まずは繊維強化チューブをハリスに通して、坂本結びにて先バリを結びます。

P5195030.JPG P5205031.JPG

続いてピンク糸で遊動掛けバリを結束。糸端の焼玉やエサずれ防止のビーズも忘れずに。

P5205033.JPG P5205035.JPG

ハリができたらクレン親子にトリプルニットノットで接続。私はスリーブを好みません。

P5205036.JPG P5205037.JPG

捨糸を接続して完成。幹糸はリーダーとしてリールにPRノットで巻き込んでいます。

P5205038.JPG P5205046.JPG

P5144999.JPG幹糸を道糸のPEラインと直結し、リーダーとしてリールに巻き込めるようにすると

取り込みの際に幹糸から手繰ってイシナギを誘導する必要がなく、安全に取り込めます。

慣れないうちは接続が面倒とは思いますが効果的ですので是非お試しください!


//次回はお待ちかね「食わせる誘いについて」お楽しみに…

posted by 浅草釣具 at 01:30| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

【逆バットジョイント】ディープインパクトで大物狙い!

深場釣りの名竿『アルファタックル)ディープインパクト

whxmtk.jpg

食い込みの良いしなやかな穂先と、強靭な胴は近海大物にも対応可能。

特にTYPE 0とTYPE 1は今流行りのイシナギにも使用できます。

image-20120519085255.png

ただ、泳がせ釣りに使おうと思うと、バットの短さが気になるところ。

そのまま使うと巻き上げ、ポンピングなどが非常に窮屈です。

image-20120519085426.png

そこでオススメなのが『ギンバル付きロングアルミバット』

これに付け替えるだけでリールシート以降を延長!

窮屈な体制から開放されて、ギンバル部に大物用のデカアテを付けられます。

シリーズ内のバリエーションが豊富なので、カラーも3種類用意しました☆

image-20120519090002.png

ちょっとした変更で釣りがグッと快適になります。ぜひご利用下さい!


o0179032011961693579.jpg※ディープインパクトシリーズは穂先と胴で大きく硬さの異なるロッドです。
カタログ内のハリス強度は船下に強く引き込まれている状態で竿を立てるなど、
柔らかい部分と硬い部分の中間で極端に曲がりが集中した場合です。
竿の角度に注意して頂ければイシナギとの勝負も可能なパワーを持ちます。


実釣例)TYPE 0で仕留めた62kg↓
image-20120519091331.png


posted by 浅草釣具 at 18:00| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

【イシナギ特集2】イシナギと対峙できるタックル

今年も始まった勝浦沖の巨魚「イシナギ」

大いに盛り上がるこの魚をスタッフ小林が数回に分けて解説してみたいと思います。

SANY0224.JPG

現在釣れている勝浦沖イシナギのサイズは20〜70kgが中心。

巨体ですが速度や持久力は程々、水圧変化に弱く、根に突っ込む魚でもありません。

しかし黒潮が寄せる現在の勝浦沖は話が別。時に4ノットに達する潮流に乗れば強烈な引きになります。

この状況でダブルやトリプルどころか、全員同時ヒットに至るほどの魚影。

こうなると魚を走らせることは非常に危険。重量を受け止め、パワーリフトできる強度が必要となります。

またエサは活イカを使用するので、泳ぎの変化や前アタリを捉えやすい柔軟な竿先も重要です。

ロッド:2m前後の大型青物用グラス系ワンピースロッド

product3.jpg

シマノのチェルマーレのような食い込みの良い穂先と驚異的な復元力を持ったバットは泳がせロッドとして理想的!

釣り人への負担は少なく、魚に掛かるパワーは最大限で長時間ファイトも可能とします。

また泳がせロッドでなくとも、慣れていれば300号前後を使うライト深場ロッドで狙ってもOK!

先日スタッフ小林が62kgを釣った際もディープインパクト0を使用してます。

リール:ドラグ力、剛性に優れた大型両軸もしくは電動リール

product11.jpg product1.jpg

魚の引きをロッドで受け止たら、巻き上げるのはリールの仕事です。

高負荷にも捩れない剛性と力強く巻き上げるギア、そしてスムーズに過負荷を逃がすドラグは不可欠!

現在は手巻き両軸も電動リールも泳がせ釣りに対応する十分なパワーを秘めています。

ライン:PE8〜12号300m以上



どんなに良いロッドやリールを揃えても、ラインが切れてしまったら終わりです。

故にラインに対しての出し惜しみは無しです。少しでも強く、信頼できる物を使用しましょう。

そして余裕ある十分な長さと、正確なタナ取りができるマーキングを備えていれば大丈夫です。


//次回は「仕掛けのこだわりについて」お楽しみに…
posted by 浅草釣具 at 01:58| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

【イシナギ特集1】イシナギという魚

今年も始まった勝浦沖の巨魚「イシナギ」

大いに盛り上がるこの魚をスタッフ小林が数回に分けて解説してみたいと思います。

P8014429.JPG

標準和名:オオクチイシナギ

最大サイズ:200cm 100kg以上


近海の釣りで狙える魚としては間違いなく最大級である本種。

普段は150~300m前後で生息しているようで、泳がせ釣りで時折混ざる。

釣り場としては勝浦沖・白浜沖・沖ノ瀬・城ケ島西沖・瀬ノ海・稲取沖・石廊崎沖など。

イカの漁場となる様々な釣り場で釣れることから、ある程度生息域は広いようです。

5〜7月の乗っ込み期は群れて水深70〜130m前後に入ってきます。

海底の障害物について数m浮いていることが多く、下降するエサに強い興味を示します。

そのことから、釣りでは大きいメバルとイメージしても良いでしょう。

大きな口で一飲みにすることから、釣りではイカ・カマス・サバなどがエサとなり

掛けてからは重量を活かした引きで釣り人を楽しませてくれます。

食味は意外と美味しく、刺身・塩焼き・しゃぶしゃぶ・西京漬け・フライなどなど

食味評価が低い書籍もありますが、昔は巨魚の鮮度管理が難しかったからでしょう。


//次回は「タックルについて」お楽しみに…
posted by 浅草釣具 at 01:03| イシナギ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする